幸せの山歩き


由布岳<出発編>

登山が土曜日。その週の月曜日に体調を崩した姉。
火曜日に点滴を受けてなんとか医者の許可は下りたものの

延期にしようかどうしようかと色々迷いましたが
姉も娘の結婚式を控え、今回を逃すとしばらくは行けないようだったので
前日まで迷って。。。。行くことになりました

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

当日の朝5時半に家を出て、途中で姉を拾う。
車の中で「栄養ドリンクもってきたけど姉ちゃん飲む?」と差し出すと、
「そんなの飲んだことないけん要らない~」ですと。
ほぅ。。すっかり元気やん(安心した)

まぁ私もあまり飲む方ではではないが、 念のため一本だけリュックへ入れる。
姉の後輩が待つパーキングへ、
早朝の高速のパーキングは大型トラックが多いですね~

出発前に用を足すために、私が一足先にトイレへ

ガランとして誰もいないトイレ。
数は5つしかない。
(このパーキングのトイレこんなに数が少なかったっけね? )

一番奥のトイレへ入る。
なんとなーく様子というか雰囲気が違う??
汚物入れが無いな。。掃除して置き忘れたのかな?

その後、大きな音がガタンとして、私の後ろの後ろに誰かが入ったらしい。

いきなり。

プーーーーーー♪ プププププ~~♪

す、すごいじゃない。。 (A^^;)

その音ってば、、、段々と重奏し始めて、
プーだのピーだの、、プピピピピだの、ビチビチだの。。
決してウケを狙って書いてるのではなく、もっともっと凄くて・・・
リアルな表現はこれ以上は控えます・・(A--;)

・・・・おなかでも痛いんだろうね。かわいそうに。 朝から大変。
きっと私が入ってるの気付かないんだろうね・・
出るときに鉢合わせたらこっちが調子悪いなぁ。。
色々考えながら用を済ます。

おや?そういえば姉とその友達の声が遠くにしたけど
入ってきた気配がないな。。
外で待ってるのだろうか、(まさかあの音が姉ってことは無いだろう、笑)

服を調え、そのお腹を壊したであろう方と鉢合わせになる前に出ないとだわ
ドアを開けたとたん
目の前に入ってきた光景



????

状況が飲み込めなかった。。

もう一回



一瞬にしてそれぞれが頭の中にフラッシュ。

 姉と友達の声はしてもここのトレイに入った気配がないこと
 トイレには汚物入れが無い事
 後ろの後ろのすっごい音の人のこと・・

そうです。私はナント!!

♀ではなく、♂トイレに入っていたのですーーー
ひゃ~~~(|||▽ )

何も知らないのと、知ってしまったのとでは大違い!
血圧が一気に上昇
どうやってこの場を去るかと瞬時に考えると同時に
手も洗わずに、その背中の群れを突き抜けておりました。

この時の恥ずかしさったら・・・
中1の時、ぶかぶかの制服のスカートのウエストを直している時
2つ上の男子生徒の目の前でストンと足元まで落としてしまった時以来です(笑)

そこを飛び出てきたとたん、私を待っている姉と友達にすがりつきました
「かずちゃんどこに行ってたとーー?」
事情を知った姉とその友が笑い転げたのはいうまでもありません(-_-;


それにしても、誰もいなかったトイレ、いつのまに満員になったんだ?
男性というものは物音させずに歩いてきて用を足すのだろうか・・
それとも私が後ろの激しいお方に気を取られて
気配を感じなかっただけなのか

でもね、考えたら、、、
ピチピチの若い女の子が
「きゃーー」なんて黄色い声出して飛び出すのならともかく

こんな中年女が大便ドアから出てきたって違和感なかったかもですな。。


さてさて。。。
しょっぱなからこんな大恥さらしての出発が6時半
湯布院の町には高速使って1時間ちょっとで到着です。

これまた珍騒動の登山。。。

長くなりましたので<登山編>へ続く~ 
  1. 2006/10/28(土)
  2. 山その他
  3. コメント:0
  4.   .
由布岳<登山編>ホーム登山に向けて(1)


コメント

コメントの投稿

 ※タイトルは入れんでもよかです(^^)
 

管理者にだけ表示を許可する