幸せの山歩き


竜門峡~見返峠と、まかない家



タクさん、お母ちゃん、お母ちゃんの友達のやまめのたよりさんとフミコさん
私の5人で予定を変更して竜門峡を歩いてきました。^^

竜門の紅葉の綺麗なこと!









竜門峡








フミコさんの実家の窯で焼かれたという湯のみを撮るタクさん



岩の下に洞窟があるとフミコさんに案内してもらいました。
一人だったら絶対に入らないだろう洞窟の中のさらに奥の洞窟まで見てみることに。。

     でも真っ暗。

タクさんが、ザックの中から物凄く小さなヘッドライトを取り出します
こんなので明るくなるのか??と疑った私をお許し下さい。
チビライトのくせにその威力たるや物凄い!!明るく洞窟の中を照らします。。
ぅひょー。凄い~~。 
洞窟よりそのライトの明るさに驚いたりして。。。笑

タクさんの後ろを怖いもの見たさに恐々入ってみました。。

・・・・・・・・・。

あまり長居する場所ではなさそうです。。。
なんだか怖くなって、オロオロと先に出てきた私でございます・・

洞窟にはお地蔵さんが奉られていました。

それにしても・・・
中年達が子供みたいに好奇心一杯で(私だけ?)
洞窟に入る姿を想像したら一人で可笑しくなりました。。笑


黒髪の山は家から近い山です。
一度登ったら次は一人で登れるかなぁ・・そんな事を思ってると
「一人で竜門の方から青螺山に登る時は、
 下山は、必ずこの竜門峡を下りるように」とアドバイスを受けました
疲れた身体で下山するのに、竜門峡はなだらかな下りが良いということ
登山者が多く、トラブルに遭った時は見つけてもらえる可能性が高いということでした

歩いてみて納得です

見返峠で先に登っていたやまめさんとお母ちゃんと合流
タクさんお気に入りの景色のよい岩場へ案内してもらいました

ぅわーーーーーーー





ずっと眺めていたい景色。本日ナンバーワン景色。^^

しばらく休憩して竜門駐車場へ戻ります

渓流が枯れているところは、登山道と間違いやすい


こういうところで間違って渓流を歩いてしまい、迷って遭難するケースもあるので注意ですとタクさん
行きのそのお言葉をしっかり頭にたたきつけたつもりだったのに
帰りは案の定・・・
岩のコケなんかを夢中で見ながら歩いていたら・・・

あら・・・・

気が付いたら先頭のタクさんとは外れて、渓流を歩いている私(笑)

「すみませーん。間違ってます^^;。私の後来ないで下さいー」と、
後続のフミコさんお母ちゃんやまめさんに向かって叫びます。。笑

「ほらっ、かずさんは一番遭難しやすいタイプです!」とタク師匠...

・・・とほほほ。。

面白くて、やさしいやまめのたよりさん
HNでもわかるように、深い渓谷などにやまめを追いかけられます
「不思議と渓流の方へ入ってしまいやすかとですよ
 迷った時は、必ず「尾根」を歩くということを頭に入れておきましょう」と、やまめさん


植物


フミコさんには色んな植物の名前や、小さい頃庭のように遊んだこの山の話を聞かせてもらいました



皆さんの知識の多さに、自分がいかにパーなのかを実感です。
どうやったらあんなに色んな事を覚えられるのかねぇ。。

一つ覚えたら一つ忘れる私。

メモです! メモ!! 気になったことはこうやってメモです。と、
サラサラとメモ帳を出して書き出すタクさん。。
あぁ。そうでした。私もいちお筆記用具は持ってきてるとです。
けど・・
何せ景色に夢中でついつい・・・・・・^^;
タクさんは感性が豊かな人でこういう事だけでなく色んな事を教わります

私の無理な誘いに、体調が悪いのにつきあってくれたお母ちゃん
車の中で女3人 よぅ喋りました(笑)
「息子の嫁は可愛いよ~。本当に可愛い。可愛くてたまらんよ」と本心から言われる姿に
お母ちゃんの人柄が見えて嬉しかったです


この後、タクさんの案内で、まかない家でとっても美味しいお昼と


乳待坊公園の紅葉を満喫しました。


ゆっくりのんびり
山と美味しいものを堪能できて皆さんと交流できたとても満足な一日でした。 

ちゃんちゃん。^^
  1. 2008/11/23(日)
  2. コメント:0
  3.   .
山記事の引越しホーム乳待坊公園の紅葉


コメント

コメントの投稿

 ※タイトルは入れんでもよかです(^^)
 

管理者にだけ表示を許可する