幸せの山歩き


ウォーキング 基山駅~基山~大興善寺

JR九州ウォーキングは人気のあるイベントです
毎年それぞれの駅で企画を立て開催されます



去年は一人で瀬高を歩きました。
今回は姉と一緒です(^^)
要所ごとに、JR職員やボランティアの方が立たれるし、順路や旗が立ててあるので迷うことはありません。
参加者も多いので、歩きながら言葉を交わしたり、その地域の自然や町並に触れるのは楽しいです

列車に揺られ見慣れぬ駅で下り、知らない街を歩くのもなかなかいいものです

Bコース20kmの順路です



09:50に基山駅を出発
基山町の商店街を抜けて、気持ちよい青空の下を歩きました


あの店のラーメンが美味しいらしい。デス。
若いJR職員の方が「こんにちは、頑張ってください」と声を掛けてくれます
地域で開催されてるイベント会場にところどころ寄り道です。


Bコースへ進んだところで、後ろから高齢の男性が追いついてきました。
話をしていると、
このBコースの最後尾から来てくれるボランティアの方でした
お歳がナント80歳だそうです。
2年前までは日本アルプスを毎年歩いていたそうで、ビックリ!
うちの婆ちゃんと同じ歳とは思えないほどお元気です。
リュックの背負い方、ストックの使い方色々教えてもらいました。


お花を撮ったり、梅が枝餅を買って食べたり(旨い~♪)


ボランティア爺ちゃんの話では
大々的に公開はされていないけど、
ここにある瀧光徳寺の紅葉も素晴らしいそうです。





お楽しみの基肄城跡と基山、この日の飛行機雲がとても印象的でした



九州自然道を歩くのはとても気持ちい~





ここには集落があったそうですが、
今では殆どが離れてしまい2軒程しか残っていないそう。
田畑を管理する人も少なくなったそうです。







茶畑


私らが写真を撮ってる間に先にいくボランティア爺ちゃん。
毎朝、駅あたりから大興善寺までウォーキングしているそう。。。
早朝に歩いて大興善寺に着くと、人は居ないし入場料も取られないし「良かばい」とニンマリ。
元気の秘訣はやっぱり「歩くこと!」だそうです。。 

大興善寺に到着


紅葉はすばらしかった。別記事でどうぞ


見よ、この駐車場の車の数。観光バスも数台。


最後尾、15時までのゴールに間に合いそうになかったので
ボランティア爺ちゃんわき道を案内してくれる。。笑
川沿いに歩くこの道がまたよかったのですよ。
途中から、福岡からきたという女性も合流です


蛍がいるんだって~



基山町は、対馬の飛び地だとかで、
対馬藩と鍋島藩が混ざった地域で、ボランティア爺ちゃんの青春時代は
対馬藩と鍋島藩の人が結婚することは少なかったそうでした
言葉も違うとか
色んな話を聞かせてもらいました。お世話になりました。

15時20頃ゴール。


スタートが遅かったので、途中でゆっくり座る時間は無く、
途中で買った梅が枝餅や草餅、行動食を食べて歩きっぱなし。
作ってきたおにぎりは列車を待つホームでパクパク。

歩いた時間は5時間半。
それほど辛くはなかったけど、帰りも列車に揺られて帰るので楽でした。

たまにはこんな歩きもいいもんです。^^
  1. 2008/11/22(土)
  2. コメント:0
  3.   .
乳待坊公園の紅葉ホーム大興善寺の紅葉


コメント

コメントの投稿

 ※タイトルは入れんでもよかです(^^)
 

管理者にだけ表示を許可する