幸せの山歩き


平治岳・坊ヶツル/ミヤマキリシマとテント泊デビュー

00_20110609144451.jpg

シュラフがあったらお泊り山行に参加できるねぇ・・
去年からチラチラと思っていた。

「色んな事に挑戦しよう」と思ったのは今年の誕生日

よしっ!今年はシュラフを買うぞ

てな訳だったのですが・・

テントまで買ってしもうたです。笑


私はどちらかというと買い物が苦手で
8割はネット購入です
対面販売では手っ取り早く買って、さっさと帰るタイプ
これでも人見知りするタイプで・・
(え?嘘だろ~なぁんて言ってるそこの人。・・本当ですからね。笑)
慣れないお店に長居できないのです。

でも、
鳥栖のアウトドアショップ トレイルフィールド 
オーナーのジュンペイさんはとても気さくで
色んなアドバイスも頂いてすごい安心感がありました。
何度でも足を運びたくなる雰囲気のショップでした。
紹介頂いた山友さんに感謝です。

そして~
初めてのテント泊へ出発です~~

本来は7名のはずが・・
生憎の天気予報で いーさんGENさんと3名で歩くことに。。

そういえば初めてお二人にお会いした時も3人で歩いたのでした
黒髪山を案内してもらった時でしたね~。
あの時はのどかが急に来れなくなって、一人で参加したのでした。
あれから3年も経ちましたか・・

「あの時のかずさんは今とは別人のように初々しかった」
             残念そうに言う者が一人・二人・・

ふふん。。
(何とでも言ってください。。です



さてさて。。。ザックの中身
フル装備で来るように言われたものの・・


何がフル装備なのか分かりません。。笑

何を持っていくのか
ネットをあれこれ調べたり、本を見たり。

何度も何度も入れたり出したり。。
何度も何度もパッキング。。(入らないのだ

なんとか詰め込んだところが16.5kgとなりました。

その前にちょいとテントをもう一度張ってみなければ

いえ~ぃ 00テント




いよいよ当日です わくわく。。 

ところがですねぇ。。
ここんとこ肉体労働ありやら色んなことが忙しく

三日前の睡眠時間が3時間
二日前が2時間半
そして当日は・・・

嬉しくて眠れずに3時間の睡眠です(まるで子供。。笑)


だ、大丈夫かなぁ・・

それでも歩かないとお二人に迷惑を掛けてしまいます

頑張らないとねぇ。。



コースは男池から入り、直登で平治岳へ行くらしい


ふ~~ん。。。。以前ちらっと聞いたあのコースかなぁ。。


01男池スタート

02かくし水

02新緑

それにしても
緑で光る新緑の男池のナント美しいことか


休憩。
GENさんにコンパスの使い方を教わります。

03コンパス


04新緑

で。。。

ここからなんです・・。

普段の登山道を歩くのと違って、
まさに新緑の中に埋もれて歩きました

団体さんが1組先に行かれただけで あとはこの3人だけの歩きです。

ミヤマキリシマのシーズンの平治岳とは思えぬような静かさ
鳥の声や風を感じながらの歩きです。
あまりに緑が綺麗なので何度も何度も立ち止まっては見渡します

景色だけは最高です。

05新緑

そう。。景色だけはね・・


もぅ・・


めちゃくちゃ






キチぃぃぃぃ~~~~~~~

こんなコースを選んだのは誰だぁぁぁ~~~
なんてことは言わずにひたすら登ります。笑 

何だ坂こんな坂状態

すぐ上を登るいーさんの足元が見え
06A.jpg

すぐ下を登るGENさんの帽子のてっぺんが見え・・
06B

上に行けばいくほど急になる・・

この倒木は潜るしかありませんでした・・

06C.jpg


なかなか休憩できる場所がなく
やっと出てきた場所でした。
07_20110609144252.jpg

少しずつ木の背丈が低くなり山頂も近そう

今年お初のミヤマキリシマです
08キリシマ

イワカガミやマイズルソウの群生も沢山です
08イワカガミ

こんな可愛いのを見たら、重い荷物もなんのその

可愛いお花を激写!・・・・したいのですが


一度座ったら立ち上がれない状態(笑)

お、重いぞ。。なかなか立ち上がれない~~ 



09挿絵

だーー  パンチもんです

まぁ。。時にはこんなふざけたこともやらねば笑えないような登りでございました(笑)

稜線に出ると直ぐに山頂。

近いですねー。
山頂にいくのに並ばなくていいし。。
新緑綺麗だったし。。

きつい登りだったけど・・

このコース・・・また登ってもいいかも・・・です(笑)


山頂はすっごい人出でしたぁ~~
10平治岳
私は平治岳は二度目なので前回はミヤマキリシマの美しさに酔いしれ
山の姿はあまり記憶になしだったのですが

GENさんは山頂の変わり果てた姿とやらに唖然としておられました。

ミヤマキリシマは、残念ながら絶叫するような咲き具合ではなく

11平治岳ミヤマキリシマ

それでも、平治岳に登れただけで嬉しいのでした。

大戸越しまで降りてお弁当です。

ここで、326さんに会いました。お久しぶりです~

12326さん

いらっしゃいました~~
相方さんのブログにもこっそり御邪魔しております。笑)

モコちゃんの写真を撮るべくパチリパチリとさせていただきますが・・

13モコちゃん

ちぃ~っともこちらを向いてはくれず........._| ̄|Οガクッ
それでも大人しくって人懐っこいモコちゃんでした。


それでは、いざ坊ヶつるのキャンプ場へレッツらゴーです

登山道の黒土は滑りやすい。。ここで転んだら悲惨です。
慎重に下ります。。

いーさんは、ビールテント場を目指して一目散。
声は聞こえど姿は見えず(笑)

14フデリンドウ

フデリンドウ(かな?)が花束になっていて感動。


ここまできた頃には、ザックの重さも慣れてきた感じ
腰を下して
GENさんも激写

道草していたら。。。

あははは~~

15326さん御一行
またもや326さん御一行様の登場です
モコちゃん最後はアッカンベー(笑)


短い距離でしたが、一緒に歩けて嬉しかったです(^^)
またお会いしましょう~~♪♪

そして。。

やっと、坊ヶツルに到着でございます~~~

16坊ヶつるテント場

到着したテント場ではすでにジュンペイさんチームは宴もたけなわでございました。
これから次々にメンバーが集まってこられます

そして。。

17ジュンペイさんチーム

マイテントです!!

嬉しいねぇ~~ けっこう手伝って頂きました。笑

18_20110609144046.jpg
GENさんが持ってきてくださったタープのお陰で
翌朝の雨にも濡れずに済むことができました
感謝ですねー

今回はキャンプの他に、法華院温泉に入るという夢も叶いました
朝から汗だくだったので、ここで温泉に入れるのは本当に嬉しいです。

のどかが聞いたらきっと発狂することでしょ。いひひひ。
姉ちゃん、次回は一緒に行きましょうぞ。

19坊ヶツル

温泉の後、山荘のベンチで佇む時間は
ゆったりと静かでとても贅沢な時間でした。
二日間で一番の至福の時だったような気がします
20法華院温泉


ジュンペイさんチームは更に宴たけなわ。。笑

いーさんは円陣の中でグースカピー
初めてお会いする方とも楽しく会話。
楽しい時間があっという間に過ぎました

21_20110609144046.jpg


22挿絵


翌朝は残念ながらの雨。。
予定を変更して直ぐに撤収です。

下山は吉部へ

雨の新緑も良かったです

23吉部へ

山歩きを始めたときは、年に2~3回行けたら満足
雪山やテント泊なんて私には無縁
山に行けるだけで満足。

そう思ってきたのですが。。

色々欲張りになってきますね。笑
それでも一歩を踏み出す勇気が出ない。
背中を押してくださる山友さん達に感謝です。

幸せの山歩きでございました
  1. 2011/06/09(木)
  2.   .
山で失敗しない10の鉄則ホーム平尾台/お花散策とパラ見学(5月21日)