幸せの山歩き


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2. スポンサー広告
  3.   .

宝満山・頭巾山/バテバテのボッカとキャンプ

宝満山



デカ重いザックを担いで
宝満山へ登り始めたのが14時

この日は各地で最高気温を記録した日でもありました。
こんな日の一番暑い時間に登ることになろうとは・・
それはそれは過酷でございました。(笑)

前回の縦走では、S・TAROUさんやputalyさんに和ませて頂き
楽しい笑いやおしゃべりで幾分

疲れが軽減されたものの

今回は
黙々と歩かれるGENさんの背中を追いかけながら
仕方ないので、独り言や鼻歌で疲れを紛らすものの・・

とにかく暑いっ!
重いっ!
キツイっ!

なんでこんな重い思いしてまで登らんばとやろか~です

時に
「ここで引き返して帰りましょうか?」と本気で言ってみたり
(笑)

休憩タイムは、地図を広げて読図を習います。
少しずつ理解できるようになってきました。(感謝です)


なかなか稜線に出ませんが
へとへとでも一歩一歩山頂に近づくわけでして・・
キャンプ場に着いたときの嬉しさと安堵感は想像以上でした。

すでにテントがいくつか張ってあり
最終的には10数のテントでいっぱいになり
バンガローも賑わい満員御礼の「キャンプ場」でした

本日私なりの課題は
短時間でテントを一人で設営して一人で撤収する!です。

GENさんには「一切手を出さないでください!一人でやります!!」

そぅです。いつも人に頼ってばかりでは成長しないのです。
偉いぞ自分!

と思ったのもつかの間・・・

えっと。。

え~~

あ、あのぉーーー

これってこうするんでしたっけ?(笑)

結局GENさんの手を借りることに・・・笑


その後は、大きな丸太のテーブルを囲んで
今日はじめて会った人達との交流の楽しかったこと

単独泊の山ガールは可愛かったです
一緒に食事しておしゃべりして

次から次に缶ビールを取り出す、おへそ出して登ってきたビールおじさんや

遅い時間に登ってきて、無言でテキパキと大きなテント設営するのはQ大山岳部の若者たち

別に同じ大学らしきサークルの若者グループは
OBの結婚式に贈るために
山に集まる人達からメッセージをもらっていました
私とGENさんも大きな画用紙に一言書きました
いい子たちやったねぇ~

離れた場所でもいくつかのグループがわいわいガヤガヤと
とっても賑やかでした。

宝満山から見る夜景のきれいなこと!
田舎暮らしの私の目に映る夜景は、とっても感動です
あの感動は絶対に忘れませんね~

台風前で朝焼けも夕焼けもとてもきれいでした

単独の山ガールちゃんは
一人で早朝に下山
「またどこかで会えたらいいね~」とお別れです


さてさて。。本日は三郡山です。
私は若杉山まで行く気満々だったのですけどねぇ。。笑

ここでS・TAROUさんの登場です。
本当はバンガロー泊まりを強く勧めたのですが
可愛い家族の為に断念され(笑) 早朝からの合流です。

その手には。。。
沢山のアイスや冷えたスイカがっ!!

まさか山でアイスが食べられるとは。
この冷たくて温かい差し入れにどれだけ助けられたことか
感謝です

さて、三郡山へスタートです。。
が・・・

何せ、昨日の猛暑の登りでけっこう疲労が残っていたのが原因か?
それとも
皆さんとの交流が楽しくて遅くまで起きていたのが災いしたか・・それとも隣のテントの主の
ものすごい地響きがしそうなイビキで眠れなかったのが原因か
(あ。。GENさではありませんので、笑)


そんな訳で・・・
三郡山も若杉山も「何の話?」ってな具合に
アッサリとコース変更して

頭巾山から下山することに~~~(笑)

でも、私にはお初のコースです

山頂で地図を広げてコンパスを合わせ
気を抜けない下りであることをGENさんに説明をううけ
「頭から転げ落ちないように」とS・TAROUさんにアドバイスを受け。。ははは~
と冗談で聞いていましたが・・

坂ではなく
なぁんでもない平な場所で・
枯葉の中に埋もれていた小枝・・いや中枝
それを左足で踏んづけてしまい、
持ち上がった枝が右足にひっかかり

おっとっとっと。。。

普段ならここで踏ん張りが効くはずなのですよ。

しかし、背中にはデカ重いザックがデデ~~んと乗っかってます。
その重みにはカモシカのような(笑)私の足ではもはや支えきれず。。

瞬間に転ぶのを覚悟しました。。

こうなれば手はつけません(ひねるからねぇ)
顔も横向かなくっちゃです(顔すりむいたら悲惨)

そして

派手に・・・

大の字に

転びました(笑)

イッタぁ~~~!

立ち上がりたくても
背中が重くて立ち上がれません(笑)

数秒その体勢で地面に伸びてました(笑)

気づいたGENさんがザックを引っ張ってくれて
やっと立ち上がれました。。

伸びている時間がけっこう長かったので
S・TAROUさんにスクープされたのは覚悟でしたが

なんと!
撮れなかったとのこと。。。わははは
まだまだ修行が足りないS・TAROUさんでした。。

ちゅーか・・・
きっとあまりに派手に転んだので
カメラ撮るのも躊躇されたのだと思います。。

この他のレポはS・TAROUさんのブログでご覧ください。笑



ここで報告です。
本来は、きれいな夕焼け夜景朝焼け緑の木々
冷たくておいしいスイカやアイスの画像があるのですが・・

本日、実家に立ちより、たまたまノートパソコンを持ち歩いていて
玄関においていたところ。。

母が・・

バキッと。。。。乗りました

液晶が割れました。

また修理です。
本体部分までやられていないことを祈りたいです。

今回は写真のかわりに鉛筆イラストを携帯からアップ

文章はモバイルパソコンから付け加えです。
このモバイルが遅くって更新にはむかず、画像もあつかえず
こんだけの文章を載せるのに二時間も掛かってしまいました

次回からは更新はあきらめかなぁ。。
もしくは、またまた簡素化です

メールの返事も滞っています。ごめんなさい
ここでお詫びです








スポンサーサイト
  1. 2011/07/19(火)
  2. 携帯より
  3.   .

馬見山~屏山~古処山/キチぃ~~!!! (7月10日)

下山して思ったことは。。

この時期に来ることは「もう二度とないでしょぅ。。 (笑)

更新は後日に。。


詳しくは、S・TAROUさんのレポをご覧くださいませ。



  S・TAROUさん
  GENさん
  putalyさん
  1. 2011/07/12(火)
  2.   .

向坂山~白岩山/霧雨でも楽しいっ! (7月2日)

楽しみにしていた「向坂山と白岩山」
風来坊さんから声が上がったとき、ヤッター!です

朝の5時にこちらで待ち合わせて
基山で合流。

基山ではあっぷるさんをtoshiyanさんがお見送りでした
一緒に誘ってみるものの。。
本日「むふふ」の用事で参加されないそうで残念でした。

長ぁ~ぃ。五ヶ瀬町まで車内でのお喋りを楽しみながら
「ごぼう畑」に到着です~

本日のお天気は霧雨
こんな天気でも駐車場は満車です。
ギリギリ隅っこに駐車しますが。。

ゴト。。。

この音は下山するまで皆さんの頭から離れなかったことと思います
(私だけではないと思っています。笑)

その

ゴト。。。とは

02_20110712055118.gif


どひゃ~~
この先一体どうなるんでしょう??

JAF?

JAFよね。。

下からここまで来るのにけっこうな時間だったぞ。。
まさかこのままぶら下げて走れるわけないし・・

JAFよね。。

(こう思ったのは、私だけではないと思っています)


風来坊さん、サラリと
「とにかく登りましょう。なんとかなるでしょう」

げげ~~
この状態で何とかなるのか?
ほんとぉ~~????

(こう思ったのは、私だけではないと思います)

風来坊さん、何事もなかったようにスタコラ歩いていかれます。

この冷静さはいったいどこからくるのか・・サイボーグ風来坊さん。。
いえ、

最近はこの伝説もすっかり消え去りつつあり・・・

別名「ノーミス風来坊」さんも薄れゆく日々。。笑

それでもこの冷静さにはわたしとしてはビックリといいましょうか
頼もしいといいましょうか。。

お陰さまで、安心して山とお花を楽しむことができました。

冷静沈着風来坊さんの本日の秘密兵器
前回の城山でGENさんが披露された
虫よけネットのパクリです(笑)

01_20110712055118.jpg
窓があって見通しがきいてよさそうです。


今回の目的はオオヤマレンゲです。
木の数は少ないと分かってはいるけど、
お花を見れるだけで満足。

期待どおりにありましたぁ~~

1つだけ。。笑

26オオヤマレンゲ


でも綺麗な状態のお花だったので嬉しかったですねぇ~
今年お初のオオヤマレンゲさんでした。

03_20110712055057.jpg


この後も、霧雨の中を歩きますが
お花散策も楽しいけど、メンバーの珍事続きで笑いが止まらず。

足元悪くても、天気悪くてもちっとも苦にならずでした。

04_20110712055057.jpg

07_20110712055057.jpg



大きなホオノキの上の方にお花が見えます。

しかし・・・マッスルさんはそれがなかなか見つけられない

あっぷるさん一生けんめいに教えますが。。

05_20110712055057.jpg

かなりの時間を割いて教えますが。。

必死に皆で交代で教えますが・・

06_20110712055057.jpg

こういうを「時間の無駄」だったと表現します(笑)



08_20110712055011.jpg

09_20110712055011.jpg

山頂には沢山のお花が咲いてました。
しかし。。
本日老眼鏡を忘れてきた私にはボケ画像が殆どで・・
それらは、本日御一緒頂いたメンバーのブログでご覧ください。。笑

で。。。

本日、
密かに期待していたお花が。。

あるかなぁ。。

あったらいいけど、、、

と思っているところに、風来坊さんの声!

去年からこのお花が見たかったのでした。

34ウスユキソウ

嬉しかったです~~
とっても幸せな気持ちになりました。


もぅこれだけ見れたら本日は終わり。。

さ。とっとと帰りましょ。。。笑

なんてことはいいません。
暫く山頂での時間を楽しみます

集合写真を撮ります
この直前。。私の横にそびえたつ白岩山の標識が
ガコーンと私の頭を直撃しました。
集合イターーっ 

やっぱりとっとと下山しておけばよかったです(笑)


そしていよいよ下山。。
そうです。。いよいよなのです、私的には。。

脳裏によみがえるのは朝のあの音。

ゴト。。というあの音です

下山する風来坊さんの姿をみて思った気持ちは
みな同じだったと思いますよ~笑

10_20110712055011.jpg

結果。。
どうなるかと思ったけど、
マッスルさんと風来坊さんの努力により、事なきを得ました。

凄いです。感動しました。

マッスルさんが居てくださってよかったです。
(文中の度重なる失礼をここでお詫び致しまする・・)

この後は、

「花咲盛」へ案内して頂きました。

ここは感動の場所です。果樹園に開拓するところを
自然保護に切り替えて自費で管理されています。

この日覚えられそうになかったので少しメモだけしてきました

タカトウダイ・クララ・ノハナショウブ・ミドリヨウラク・ウメモドキの原種
ムアサキシキブの原種・ここにしか咲かないヤマアジサイ・クサレタマ
コウライオトギリソウ
トラノオ・アカショウマ・カキラン・クモキリソウ・シモツケ
ヤマホトトギス・ツクシマツモト・ホタルブクロ・ハナイカダ・マタタビ
その他もっともっとありましたが記憶が・・・

今の時期のお花をここにきたら殆ど見れる。。そんな感じでした。

詳しくはまたいつかの機会にするとします。


楽しかった一日も終わり
基山で解散するときは、いつもちょっぴり寂しさを覚えますが
気持ちを振り切って帰路です。

これにて本日の更新終わり~~ と、普段はなるのですがぁ・・

今回はこんなオマケつきです。

なはははは~~

基山で福岡組さんとお別れし、
地元の駐車場まで3人で帰ってきました。
そこに留めてあるマッスルさんの車からは怪しげな光が・・・

11_20110712055011.jpg
この結末は御本人のブログのコメント覧でご覧下さいませ(笑)

楽しい一日でした。
みなさんいつもありがとうございます。
今日参加できなかったいつものメンバーさんの分もしっかり楽しんできました。

 

風来坊さん
マッスルさん
あっぷるさん
のどか
  1. 2011/07/12(火)
  2.   .

久しぶりの空でしたねぇ。。

いいかげんもう雨はいいかな。。。
 
 
  1. 2011/07/05(火)
  2. 携帯より
  3.   .
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。