幸せの山歩き


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2. スポンサー広告
  3.   .

城山/「ウスキキヌガサダケ」再び (6月26日)

20110626‐城山


性懲りもなく。。。2回目の城山です。

一週間ぶりです(笑)

せっかくなので、城山のすぐ近くの親戚にも顔を出すことにします

最近の蒸し暑さ
今回は10本は出ているだろう(笑)前回とは違い、期待大て出かけてみますた

結果は・・・・

これです(笑)

20110626‐ウスキキヌガサダケ


山頂では、裏宝満山に居るはずの肉まんさんがひょこり登場。
裏宝満山は中止になったとのこと。
しばし全員で談笑タイムでございます。

城山の山頂は広いのがとてもいいですね。

展望は前回よりよかった。
壱岐や山口県の山も見えました。

下山後は海の見える温泉でバイキング

波津の海岸と温泉
子供たちが小さい頃親戚に泊って何回か遊びにきたことがある場所でした
昔を思い出してちょっと懐かしい感じ。。


バイキング美味しい~
でも、若いころみたいに多量には食えません

海の見える席で、みなさんとワイワィお喋りが一番楽しゅうございました。


城山カンパイー


山ちょこっと遊びちょこっとの一日でございました
みなさんありがとうございました。

  toshiyanさん
  GENさん
  あっぷるさん
  putalyさん
スポンサーサイト
  1. 2011/06/28(火)
  2.   .

城山/ウスキキヌガサダケ (6月19日)

20110619-城山


(とりあえず文章のみ。画像はのちほど)


大雨も覚悟、
ウスキキヌガサダケは見れない可能性大
それでも久しぶりの山友さん達とお会いできるだけでヨシ

そんな謙虚な参加が良かったのか。。笑

九州のほぼ全域で雨や大雨だったのにこちらは雨に遭わず
おまけに期待のキノコの女王様とも会えました~


アキさん・kuro2さんと待ち合わせて
高速下りて、toshiyanさんちへ寄り道して合流。。

の、はずだったのですが・・・

前日しっかり電話で確認したにもかかわらず・・

何故だか・・

とうとうtoshiyanさんのお宅には到着せず。。笑

不思議ですねぇ。。

一か月程前にお邪魔したお宅なのに。。自信あったのですけどねぇ。。(笑)


本日の参加は
宮 崎:なでしこさん
福 岡:GENさん、S・TAROUさん、いーさん、toshiyanさん、あっぷるさん、風来坊さん、肉まんさん
佐 賀:アキさん、kuro2さん



それぞれ楽しくおしゃべりしながら歩きます。

◆画像1

傘でも歩けそうな登山道でした

ウスキキヌガサダケさんは。。

待っていてくれましたぁ~

離れているけど、なかなか綺麗です。

◆画像2

でも、雨だし、暗いし、なかなかうまく撮れません。
みなさん、押し合いへしあいで撮影です。

◆画像3

その様子のほうがおもしろかったりします。笑

間もなく山頂到着。
この広さはとても気持ちがよく、ホッとします。

期待していなかった下界の景色も見えます~

メンバーそれぞれ談笑タイム

◆画像4

の~びり歩けて、の~んびりの山頂。いいですね~城山



鹿児島と宮崎から参加のogojyoさんとなでしこさんは
ここから四塚縦走をされるとか・・
このお天気の中、すごいパワフルです。

◆画像5

いいですね~
私もこうなりたいです(笑)

このあともしばらく談笑タイム

ここで新兵器を疲労するGENさん
御本にんは養蜂農家みたいで恥ずかしいそうですが(笑)

◆画像3

なかなかお似合い??ぷぷぷ。。

他の皆々は、俺も私も「欲しい」と興味津津です

これからの背振山系に役立ちそうですよね~

下山は違うコースで縦走です。
キノコが沢山

◆画像4

このギンリョウソウは気持ち悪かった・・
◆画像5

これは食べられるのかな?
◆画像6


K:「見た目は美味しそうですよね。。笑」


G:「一回は確実に食べられますよ~」

K:「ほー。そうなんですか? 一回だけ? 二回目は??」


G:「一回め食べて死んだらそれで終わり。
    生きとったら二回目も食べられる(笑)」


K:「・・・・・・(^^+)」



本日、殆どの方と初対面のkuro2さん
頑張りました。
◆画像7

キヌガサダケはまだ見たことがないのですが
この日は卵だけ見ることができました。
マシュマロみたいでした。^^
◆画像8

この後、温泉へ~
kuro2さん持参の「ご豆腐」の美味しかったこと
◆画像9

手打ち蕎麦も旨かったす。^^
◆画像10


楽しい一日でした。

お世話頂いたGENさんありがとうございました
  1. 2011/06/22(水)
  2.   .

山で失敗しない10の鉄則

  岩崎元郎さんの「山で失敗しない10の鉄則」を読んでみました。

タイトルだけみると少し硬い本かな?と思ったのですが
記憶に新しいトムラウシ山遭難事件や、日本登山史・山ガール・岩崎さんがこれまで山で遭遇したエピソードや知恵
お薦めの山、その他、興味深く読み進めていける本でした


山歩きを初めて間もない私には「ドキリ」「ギクリ」とすることだらけで
冷や汗タラタラ。。反省だらけです(笑)

ベテランの山友さんもこれを読んで
知っているようで知らないこともあり、勉強させられたということでした。


山を始めた頃は、「一人で山を歩けるようになりたい」と強く思い
初めて出会った山の本が「間違いだらけの山登り」でした
これを読んで、知識技術とともにしっかり勉強したいと思いつつ・・
いつの間にか、岩崎さんの本にも出てくる「私を山に連れて行って」人間になっていました。

山で失敗しない10の鉄則」を読んで、気持ちを初心に戻し
心構え技術の他に知恵も身につけていきたいと思った本です。

最終章には、岩崎さんお薦めの中高年向けの百名山リストや
その他の章にも、岩崎さんが印象に残こる山や、お薦めのコースが具体的に書いてあり
読みながら「この山もあの山も登ってみたい」と夢も膨らむ本でもありました。


岩崎さんの文章は親しみがあり、無理なく読み進められ
読み終えた後は、書かれている内容についてもっと深く知りたくなり
さらに調べてみたり、他の本も読んでみたくなるのが不思議です。

中高年向けの本という印象がありますが
私みたいな初心者は勿論、若者も・山ガールの貴女も、ベテランの方も。。
どうぞ、一度手にとって読んでみてください(^^)
  1. 2011/06/20(月)
  2. 山その他
  3.   .

平治岳・坊ヶツル/ミヤマキリシマとテント泊デビュー

00_20110609144451.jpg

シュラフがあったらお泊り山行に参加できるねぇ・・
去年からチラチラと思っていた。

「色んな事に挑戦しよう」と思ったのは今年の誕生日

よしっ!今年はシュラフを買うぞ

てな訳だったのですが・・

テントまで買ってしもうたです。笑


私はどちらかというと買い物が苦手で
8割はネット購入です
対面販売では手っ取り早く買って、さっさと帰るタイプ
これでも人見知りするタイプで・・
(え?嘘だろ~なぁんて言ってるそこの人。・・本当ですからね。笑)
慣れないお店に長居できないのです。

でも、
鳥栖のアウトドアショップ トレイルフィールド 
オーナーのジュンペイさんはとても気さくで
色んなアドバイスも頂いてすごい安心感がありました。
何度でも足を運びたくなる雰囲気のショップでした。
紹介頂いた山友さんに感謝です。

そして~
初めてのテント泊へ出発です~~

本来は7名のはずが・・
生憎の天気予報で いーさんGENさんと3名で歩くことに。。

そういえば初めてお二人にお会いした時も3人で歩いたのでした
黒髪山を案内してもらった時でしたね~。
あの時はのどかが急に来れなくなって、一人で参加したのでした。
あれから3年も経ちましたか・・

「あの時のかずさんは今とは別人のように初々しかった」
             残念そうに言う者が一人・二人・・

ふふん。。
(何とでも言ってください。。です



さてさて。。。ザックの中身
フル装備で来るように言われたものの・・


何がフル装備なのか分かりません。。笑

何を持っていくのか
ネットをあれこれ調べたり、本を見たり。

何度も何度も入れたり出したり。。
何度も何度もパッキング。。(入らないのだ

なんとか詰め込んだところが16.5kgとなりました。

その前にちょいとテントをもう一度張ってみなければ

いえ~ぃ 00テント




いよいよ当日です わくわく。。 

ところがですねぇ。。
ここんとこ肉体労働ありやら色んなことが忙しく

三日前の睡眠時間が3時間
二日前が2時間半
そして当日は・・・

嬉しくて眠れずに3時間の睡眠です(まるで子供。。笑)


だ、大丈夫かなぁ・・

それでも歩かないとお二人に迷惑を掛けてしまいます

頑張らないとねぇ。。



コースは男池から入り、直登で平治岳へ行くらしい


ふ~~ん。。。。以前ちらっと聞いたあのコースかなぁ。。


01男池スタート

02かくし水

02新緑

それにしても
緑で光る新緑の男池のナント美しいことか


休憩。
GENさんにコンパスの使い方を教わります。

03コンパス


04新緑

で。。。

ここからなんです・・。

普段の登山道を歩くのと違って、
まさに新緑の中に埋もれて歩きました

団体さんが1組先に行かれただけで あとはこの3人だけの歩きです。

ミヤマキリシマのシーズンの平治岳とは思えぬような静かさ
鳥の声や風を感じながらの歩きです。
あまりに緑が綺麗なので何度も何度も立ち止まっては見渡します

景色だけは最高です。

05新緑

そう。。景色だけはね・・


もぅ・・


めちゃくちゃ






キチぃぃぃぃ~~~~~~~

こんなコースを選んだのは誰だぁぁぁ~~~
なんてことは言わずにひたすら登ります。笑 

何だ坂こんな坂状態

すぐ上を登るいーさんの足元が見え
06A.jpg

すぐ下を登るGENさんの帽子のてっぺんが見え・・
06B

上に行けばいくほど急になる・・

この倒木は潜るしかありませんでした・・

06C.jpg


なかなか休憩できる場所がなく
やっと出てきた場所でした。
07_20110609144252.jpg

少しずつ木の背丈が低くなり山頂も近そう

今年お初のミヤマキリシマです
08キリシマ

イワカガミやマイズルソウの群生も沢山です
08イワカガミ

こんな可愛いのを見たら、重い荷物もなんのその

可愛いお花を激写!・・・・したいのですが


一度座ったら立ち上がれない状態(笑)

お、重いぞ。。なかなか立ち上がれない~~ 



09挿絵

だーー  パンチもんです

まぁ。。時にはこんなふざけたこともやらねば笑えないような登りでございました(笑)

稜線に出ると直ぐに山頂。

近いですねー。
山頂にいくのに並ばなくていいし。。
新緑綺麗だったし。。

きつい登りだったけど・・

このコース・・・また登ってもいいかも・・・です(笑)


山頂はすっごい人出でしたぁ~~
10平治岳
私は平治岳は二度目なので前回はミヤマキリシマの美しさに酔いしれ
山の姿はあまり記憶になしだったのですが

GENさんは山頂の変わり果てた姿とやらに唖然としておられました。

ミヤマキリシマは、残念ながら絶叫するような咲き具合ではなく

11平治岳ミヤマキリシマ

それでも、平治岳に登れただけで嬉しいのでした。

大戸越しまで降りてお弁当です。

ここで、326さんに会いました。お久しぶりです~

12326さん

いらっしゃいました~~
相方さんのブログにもこっそり御邪魔しております。笑)

モコちゃんの写真を撮るべくパチリパチリとさせていただきますが・・

13モコちゃん

ちぃ~っともこちらを向いてはくれず........._| ̄|Οガクッ
それでも大人しくって人懐っこいモコちゃんでした。


それでは、いざ坊ヶつるのキャンプ場へレッツらゴーです

登山道の黒土は滑りやすい。。ここで転んだら悲惨です。
慎重に下ります。。

いーさんは、ビールテント場を目指して一目散。
声は聞こえど姿は見えず(笑)

14フデリンドウ

フデリンドウ(かな?)が花束になっていて感動。


ここまできた頃には、ザックの重さも慣れてきた感じ
腰を下して
GENさんも激写

道草していたら。。。

あははは~~

15326さん御一行
またもや326さん御一行様の登場です
モコちゃん最後はアッカンベー(笑)


短い距離でしたが、一緒に歩けて嬉しかったです(^^)
またお会いしましょう~~♪♪

そして。。

やっと、坊ヶツルに到着でございます~~~

16坊ヶつるテント場

到着したテント場ではすでにジュンペイさんチームは宴もたけなわでございました。
これから次々にメンバーが集まってこられます

そして。。

17ジュンペイさんチーム

マイテントです!!

嬉しいねぇ~~ けっこう手伝って頂きました。笑

18_20110609144046.jpg
GENさんが持ってきてくださったタープのお陰で
翌朝の雨にも濡れずに済むことができました
感謝ですねー

今回はキャンプの他に、法華院温泉に入るという夢も叶いました
朝から汗だくだったので、ここで温泉に入れるのは本当に嬉しいです。

のどかが聞いたらきっと発狂することでしょ。いひひひ。
姉ちゃん、次回は一緒に行きましょうぞ。

19坊ヶツル

温泉の後、山荘のベンチで佇む時間は
ゆったりと静かでとても贅沢な時間でした。
二日間で一番の至福の時だったような気がします
20法華院温泉


ジュンペイさんチームは更に宴たけなわ。。笑

いーさんは円陣の中でグースカピー
初めてお会いする方とも楽しく会話。
楽しい時間があっという間に過ぎました

21_20110609144046.jpg


22挿絵


翌朝は残念ながらの雨。。
予定を変更して直ぐに撤収です。

下山は吉部へ

雨の新緑も良かったです

23吉部へ

山歩きを始めたときは、年に2~3回行けたら満足
雪山やテント泊なんて私には無縁
山に行けるだけで満足。

そう思ってきたのですが。。

色々欲張りになってきますね。笑
それでも一歩を踏み出す勇気が出ない。
背中を押してくださる山友さん達に感謝です。

幸せの山歩きでございました
  1. 2011/06/09(木)
  2.   .
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。