幸せの山歩き


星生山~中岳~天狗ヶ城/青空と雪。遠景は素晴らしい~

霧氷は見れなかったけど
-12℃で風無しの青空
麓からくっきりの阿蘇や由布岳がすぐ近くに見えるほどでした

雪の九重を山友さんと楽しみました

00雪の九重


01雪の九重


02雪の九重


03雪の九重


04雪の九重


05雪の九重


06雪の九重


07A雪の九重


07B雪の九重


08雪の九重


09雪の九重


10雪の九重


11雪の九重


12雪の九重


13雪の九重


14雪の九重
スタート・・・08:30
星 生 山・・・10:20
久 住 別・・・11:20(お弁当)
御  池・・・12:00
中  岳・・・12:25
天狗ヶ城・・・12:40
下 山・・・14:20

S・TAROUさん
いーさん
風来坊さん

いつもありがとうございます。

更新は、3ヶ月後となりましたが、更新しながら雪山が蘇りました
  1. 2011/01/23(日)
  2.   .

天山/凄い積雪でビックリ嬉しっ♪

マッスルさんの助けを借りてやっと行けた雪の天山は凄かった。。

でも雪の天山は綺麗! 楽しい! 

そしてアキさんのキャラに大笑いした日でした。


01車道歩き


02車道歩き


03ズボリ


04キラキラ


05天山霧氷


06天山風紋


07天山風紋


08天山雪庇


09天山風紋


10天山雪庇


11雪の天山


12人型

         アキさん・マッスルさんの型抜の様子(1分16秒)




この日の詳細はマッスルさんのブログでどうぞ~

 マッスルさん
 アキさん
 のどか
  1. 2011/01/22(土)
  2.   .

今の天山



天山の麓からパチリ

背振もくっきり見えていい天気!

こんな日に登れたら最高やろなぁ~
  1. 2011/01/17(月)
  2. 携帯より
  3. コメント:16
  4.   .

雲仙/花ぼうろ

01雲仙花ぼうろ

初めての雲仙登山です。
初めての花ぼうろ(霧氷)でした。

真っ白な世界に花ぼうろ。美しい~~
欲を言えば青空が欲しかったけど
お天気が荒れることもなく、
みなさんと楽しく歩けたことがなによりです。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そよかぜさん達との待ち合わせは
池ノ原園地の一番下の駐車場
詳しく説明を受けていたのに???
なぜかしら私たちが居たのは「一番上の駐車場」でした
どうもすみません。。


03スタート


04仁田峠


今日は風が無くとても静かでしたが
普段は、仁田峠に上がったとたん
横風がビュービュー吹き抜け
登山の意欲がひゅるひゅると萎えてしまうそうですがそこで諦めずに突き進むと、風は静かになるそうです。
「決してここで諦めて帰らないように!」とそよかぜさんと山馬鹿さんに説明を受けます。
さすが地元人の貴重なご意見です~

05雲仙のトイレ


06Rちゃん


07あざみ谷


08紅葉茶屋


09花ぼうろ


花ぼうろの美しさに夢中になって後ろ向きで写真を納めていたら、上のほうから「こんにちは」の親しみを込めた声。
見知らぬ人がすれ違う時に発する挨拶とはちょと違う。
なんか聞き覚えのあるような。

瞬間そんなことを思いながら振り向くと。。。

おぉ~~~~

10嬉しい遭遇


そこには+3kさんが立っているではないですか~~~


この遭遇はとても嬉しかった!

ほのぼのと温かい+3kさん。お久しぶりでございます~~おっとその前に新年の挨拶もしないと。。忙しかばぃ 笑

逆コースだから遭遇できたのでしょうが。。
できるならまた戻ってもらって一緒に歩きたい気持ちでした。無理に誘えばよかったですかねぇ。。


11普賢岳


12普賢岳山頂


13普賢岳


14花ぼうろ



11-B.jpg

いつも動画で狙っているS・TAROUさん
たまには逆に撮ってみました(笑)

(23秒です。画質抑えています。この大きさで見てくださいまし)




15賑やか中高年

この後、羨ましげな山馬鹿さんが二人に雪を投げつけ~
さぁ大変!
この様子も22秒の動画をご覧くだされ。



ったく。。こんなんでいいのか中高年登山(笑)
皆で童心に返り大笑いでふざけ合いました。

雪山であればこそ~です(^^)


さて、まじめに歩いてください(笑)





16お弁当


これから妙見神社まではけっこうな登りだったけど
霧氷の素晴らしい事といったら!

言葉では説明できないので画像をペタペタ。。。笑

17妙見岳へ

18妙見岳へ


19霧氷

20霧氷


21霧氷

22霧氷


23霧氷

24霧氷


25妙見神社


26妙見岳の霧氷


27妙見岳の霧氷


事前に山馬鹿さんから
一番冷え込めば
普賢岳山頂は、氷点下10℃
風速10m/s程度の風が吹き

(体感温度は、-20℃)それに堪えるだけの装備を! ほんとに寒い時は
ペットボトルの水が凍ります。 
と、連絡を受けていたのですが・・「ほんなごとやろか(・_・)?」と内心思っていました(笑)


でも。。


ほんなごとでしたぁ~~~
28お茶凍る




29雪合戦

30下山




真っ白な世界に真っ白の花ぼうろ
とても美しかったです。
そよかぜさん・山馬鹿さんありがとうございました。
メンバーのみなさんありがとうございました。

この後、九州道に交通規制が出始め早々に解散式です。
これが原因でしょうかねぇ。。

S・TAROUさんのすっごいドジが後日発覚!(笑)
そよかぜさんには足を向けては寝れない事件が起きましたぁ~あははは~
ご本人とそよかぜさんのブログでご覧ください。。
(って。。もぅ皆さん知ってますよね。笑)

最後の最後まで楽しい山行でした。

ちゃんちゃん♪

そぅそぅ。
この後小地獄温泉へ行きましたが
白濁のイオウのお湯で体の芯までぬくもり。
二日くらいイオウの匂いが取れませんでしたが、とってもいい温泉でした。


02雲仙花ぼうろ
    gothmogs改めチキチキさん GENさん いーさん 山馬鹿さん hirokoパパさん
S・TAROUさん  悟空さん       ごっさん  そよかぜさん
かず Rちゃん のどか hirokoさん putalyさん toshiyanさん

  1. 2011/01/10(月)
  2. コメント:24
  3.   .

十坊山~浮岳/初歩きは素晴らしい景色と雪遊び

10十坊遠景


今日は今年の初登山

天山?雷山?糸島?天山?雷山?糸島??
二転三転して決まったのは十坊山でした

十坊山からの景色の素晴らしかったこと!
壱岐の島もはっきり見えました
これは元越山にも・・いえ、元越山以上の素晴らしいパノラマの景色でございました。

十坊山02


地球は丸かった。。。です(笑)

ホント。。こんな玄海の海を見たかったのです。
こんな日に登りたかった糸島の山。願が叶いました。

十坊山の岩に立った瞬間は言葉にできない程の感動の景色。
いつまでも居たかったです。

それから浮岳へ。。
ここらの歩きは雪がどんどん増えていきます。。
山頂近くはものすごい積雪~
あんなに雪があるとは想像もつかず~~雪遊びしてきました
浮岳04


そしてそして。。今年第一回目の登山
またしてもかずさん、、、とんでもないミスを犯す・・

自分でも思うが・・ありえない~~~

いい加減こんな自分に腹が立ちました。。。。_| ̄|〇

書かないつもりですが・・
どうせ・・同行の二人がバラすと思います。。。

でも、絶対! 一人や二人私と同じことやってる人がいると思いますよ・・


ふふん。。



ということで。。
お二人のブログやコメントですっかりバレてしまいましたように・・

登山靴を忘れました(あははは~)

唐津市内を過ぎたあたりのコンビニでトランクを開けた瞬間・・
あるべきものが無いというショック
しばし茫然です。。
色んな対処法を考えるけど・・あるわけありません。笑

いつもの「なんとかなるさ~」精神でいくしかありません。

03まむし温泉


待ち合わせの「まむし温泉」に到着して事情を知ったお二人に
初笑いを提供できたことは本望です・・。(;―_―)

笑う二人に
「登山歴長いお二人なら何度かあるでしょ?」と負けじに切り返すと

「ありません!!」(きっぱり)
ぅわーぁぁぁ・・
さすがサイボーグ風来坊さん(命名:肉まんさん)自信ありげに即答。

「ないよ~・・たぶん」
・・その「たぶん」が怪しいS・TAROUさん・・・


初登山はこんなふうで幕開けでございます~~
さてさて出発です。

04_20110112022520.jpg

最初S・TAROUさんの案内で進みますが、私の失敗をあまりに笑った罰でしょう。曲がるべきところを通り過ぎ

S・TAROUさん「大丈夫です。この先からもいけます」とそのまま直進。

コンクリートを股ぎ、
畑を横切り
みかんの枝の下をくぐり・・
植えてあるスイセンの葉を踏まぬように慎重に足を運んだところで。。。

S・TAROUさん 「道が無くなりました」  (笑)。

再度戻って歩き直しです。

05空


今日は3人とも初登山です。。
私の忘れ物から始まり
しょっぱなからこんなふうで今年の山歩きは大丈夫でしょうかね~~

でもサイボーグ風来坊さんは今のところノーミスです。

06_20110112022520.jpg

07雪

08十坊山山頂

09十坊山岩

10十坊遠景

11十坊遠景


さて、私のトレッキングスニーカーも今のところ問題ないので
浮岳へ縦走します。


12浮岳へ



行き止まりの岩場に立つと、ここもなかなかです♪

決して道を間違えてこの岩場にきたのではなく
あえて、「私とS・TAROUさんに」この景色をみせたかったと、強気の風来坊さん

13岩場の景色

一度進んだ道へ”また戻って”浮岳へ進みます(笑)


十坊山~浮岳の縦走路はとてもよい雰囲気で歩きやすかったです

14十坊~浮岳


空き缶でタバコの吸い殻用の空き缶を木にくくりつけてあったのが印象的。
S・TAROUさんによると。。
「GENさんの為においてあるそうです(笑)


15十坊~浮岳


16浮岳



これから段々と雪が多くなります
17浮岳


シューズは大丈夫ですか?と何度か声を掛けてもらいますが
全然問題ないです~。

人があまり歩いていないので、
雪が踏み固められていないのがいいのかもしれません。
滑りそうなら運動靴にアイゼンを付けるつもりでした(笑)

しかし。。延々と続く登り。
雪が無ければ精神的に疲れそうな感じかなぁ。。
お昼に近づきお腹も空く。。
今日はあったかいスープ持参。
それを食べるシーンを思い浮かべ頑張る
。。尚更お腹が減る。。

やっと到着した山頂では
一目散に休憩小屋へ
少し薄暗いけど助かります。


18浮岳

19_20110112022416.jpg

20下山


下山後は駐車しておいた「まむし温泉」へ~
今日は福岡組さんと別々なので温泉に入る前にお別れのあいさつを済ませ
ゆっくり入ることに。。
でも長湯すると体力も使うのでほどほどに。。
よいお湯でした。
ここは温泉に入らなくても、駐車場を自由に使えるそうなのでいいですね


21スニーカー

本日活躍したトレッキング運動靴です
よく頑張ってくれました。
でも登山靴とは違い、下山は靴下にじんわり雪が染みてたのを感じました
それと温泉では足の裏がジンジンします
登山靴にはない疲労が残りました

今回の事を教訓に次回からは気を付けよっと。
学習能力あるから二度とこんなミスは無いでしょう~(笑)


しかし。。登山靴を忘れる人はいるもんですね~。安心しましたよ。
Mさんは運動靴にアイゼンで福寿草をみたのだとか。。笑
S・TAROUさんの「たぶん」はやっぱり「たぶん」で車に持参していたのに履かずに登って後で気づいたとか。。
(二日後の雲仙で最大の忘れ物をするS・TAROUさんらしいです、笑)

その雲仙でリサーチもしたところ
靴を忘れたことがある人は数名おりましたぞ。。

長崎のSさんも数回。。Yさんの登山靴を借りてYさんが運動靴で歩いたとか。。上には上がおる(笑)


Gさんは、数えきれない程やったらしい。。(笑)
最悪なのはスリッパでやってきて、そのまま登らずに帰ったという事も。
更に上には上がいます。笑
で、良いことを聞きました。
古い登山靴をいつも車に乗せているのだとか。。
なぁるほど~~。。私もそうしようと思いました。。

って、忘れきゃいい事なんですよ(笑)


初登りはこんなお間抜けなスタートでしたけど
とってもとっても楽しい山行でありましたぁ~
S・TAROUさん、風来坊さん今年も宜しくです!!(笑)

              S・TAROUさん
              風来坊さん
        



  1. 2011/01/08(土)
  2. コメント:6
  3.   .

謹賀新年

謹賀新年


お世話になっている皆さんのブログ訪問をしたいと思いつつ
田舎の正月はなんとも忙しく・・・
メールの返事も送れていない状態で・・申し訳ないです。


昨年は沢山の山へ行くことができました。
これも皆さんのお蔭です。ありがとうございます。

月1~2回山へ行けたら満足と思っていたのが・・
年の後半からは毎週ごとに山です。
すっかり山病。。。かも(笑)

でもそれはそれでヨシなのです。
元気に山へ行けることの幸せをかみしめて
今年も諦めずに、ガンガン山へ行きたいと思います~~(笑)

今年も宜しくお願い致します


あぁ~~それにしても外はなんていい景色。
雪ですね! 
青空が見えてきましたよ!! 
毎年恒例の、姉との新春雪山登山(天山)は・・

仕事の都合で行けないのであります


  1. 2011/01/01(土)
  2. 未分類
  3. コメント:8
  4.   .
ホーム