幸せの山歩き


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2. スポンサー広告
  3.   .

楽しい一年でした

去年からボチボチ始めた山歩き


沢山の山友さんができました

色んな山へ連れていって頂きました
感謝に耐えません
ありがとうございます


山に行ける幸せをいつもかみしめて
全てに感謝をわすれずに

来年も笑顔を忘れずに歩けたらいいなぁって思います

新しい年が皆さんにとって今年以上の良い年になりますように
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木)
  2. 携帯より
  3. コメント:0
  4.   .

長崎七高山巡り

20091227七高山巡り00


諏訪神社~金比羅山~健山~烽火山~秋葉山~豊前坊~英彦山~愛宕山~若宮稲荷


【長崎組】そよかぜさん、クラッカーさん、みつばさん、ミッセルさん、bambooさん
     tetu-1さん、ミラさんpandaさん
【福岡組】肉まんさんいーさん、風来坊さん、S・TAROUさん
【佐賀組】タクさん、のどか、かず


七高山巡りとは?
案内のメールでは
昔長崎ではお正月になると、使用人や家族で長崎の七つの山を巡るという行事がありました。
今日はこの山、明日はあの山と、のんびりと楽しんでいたようです。
一つは使用人への慰労の意味もあったようです。
ということでした。


こういうのは自分達で行こうと思っても絶対に行けないし歩けない
これは参加せねばならないです

何も知らずに参加したものの・・
低山をいくつも登っては下りの繰り返しで三郡縦走にも劣らないとか・・


なんとか完歩はできたものの
山一つ一つの登りがきちぃ~~。

「ひぃ~~。もうダメだぁ~~」と思ったら山頂

「わ~~いつまで続くんだ~~この登り~~」と思ったら山頂。

「ぶっ倒れそう~~」と思ったら山頂。

ってな具合に。。。

きついけどそれは長く続かないのが低山のいいところなんだと思った。

久しぶりに自分を痛めつけてヘロヘロになるまで歩いたって感じで
達成感いっぱいの山歩きでした。


そしてその辛い歩きを、素敵な山友さんたちと分かち合えるのが楽しい
これ一人だったら絶対に歩き通せない。(って一人で登ろうとも思わないし、笑)

登山口に向かうまでの街歩き
長崎ってメジャーな観光地しか知らないので街歩きもとても楽しかったです~
みんなで入れ替わり立ち代りでお喋りしながら歩けるのがいい。
あ・・それは女子チームでして
男子チームはおのおのひっそりと楽しんでおられました(笑)

お弁当タイムでは、七高山巡りには付き物という「ぜんざい」を用意して頂き
「かんころもち」や「がんば」っていう最中も美味しい~
ぜんざいはもちろんお替りしました(笑)



下山後のチャンポンと皿うどんもすごく旨いではないですか~。
井手チャンポンとはちょっと違う。
スープの美味しいことといったらたまりません。

大皿に注文した皿うどん・・私が大半を食べてしまいました
美味しかったです♪
テーブルでの会話も美味しかったです♪


以下写真をズラズラと~~

01七高山

02七高山

03七高山



04七高山烽火山

05七高山烽火山


07七高山烽火山
08七高山秋葉権現


09七高山妙相寺

10七高山妙相寺



11七高山豊前坊

12七高山英彦山


13七高山愛宕山


14七高山風頭公園


15七高山若宮稲荷


16七高山慶華園


今年最後の山歩き最高でした!

七高山巡りばんざーぃ

山友さん最高~~

チャンポンも皿うどんもサイコー
(笑)

心からそう叫びたい充実した山歩きでした。

皆さまありがとうございました。

  1. 2009/12/27(日)
  2. コメント:0
  3.   .

雪雪雪の「雨山」

13_20091219231536.jpg

08:30「仕事に行ってきまーす」と得意の台詞で家を出て姉の家へ向かう。

姉の家で一旦一休みして、天山

数日前の新聞に載っていた霧氷の背振山系がとても魅力だけど
ここは初心者姉妹。
雪の日は歩き慣れた天山!と、迷うことなく決めます。

さすがに今年最高の冬将軍のお出ましでかなりの雪に驚き
いけるところまで行って見ようと歩きはじめます

これがなかなか楽しい~。

軟弱慎重派ののどかは、
時折吹雪いてくる天気と予想以上の積雪に「天山山頂までは無理」と判断。
しっかり天山山頂を踏む気で歩いていた脳天気妹はガックリ

木曜日のタクさんの記事で見た
霧氷が・・・海老の尻尾が・・
思い描いていたのにガラガラと崩れ落ちます

せめて雨山分岐まで行ってみようと妹は訴えます。

さすがに雨山分岐までくると益々雪が深い。。

ここはしかたなか・・

天山は諦めて、短時間で登れる雨山まで行こう! ということにします。

それがその短時間で登れるはずの雨山登山道

雪が深くてヒーヒー

よぉ~く考えたら・・
雨山分岐~雨山山頂は北側斜面なのですよね・・
案外、南側を歩く天山の方が雪が少なかったのではなかろうかと
雪をかき分けながら苦笑。。
でも、雪はサラサラ。全然濡れないし、面白い~。

なかなか楽しかったです。^^

てことで後は写真をぺたぺた。。

01(10:46)校跡地


02車道


03_20091219231404.jpg


03-みちくさ


04上宮登山口


05(12:16)上宮


06_20091219231452.jpg


07_20091219231452.jpg


08(13:06)雨山分岐


09雨山へ


10雨山の雪


11-0.jpg

11-1_20091219231536.jpg


11-2.jpg


11_20091219231536.jpg


12_20091219231536.jpg



14_20091219231616.jpg


15(13:30)雨山山頂


16_20091219231617.jpg


17_20091219231617.jpg

さて、歩いてきた道を戻ります~
18_20091219231617.jpg


(15:20)分校跡地到着

その後のどかを家まで送り、
家の近くの温泉へ入り「ただいまかえりましたぁ~~」と自宅に戻ったのが17:30過ぎでありました

  1. 2009/12/19(土)
  2. コメント:11
  3.   .

果たして使うときがくるのか・・

タイヤチェーン


昨年スノーキャップを買って返品交換したタイヤチェーン。

結局出番無し


今季。
いつが積もってもいいように、今日に載せた。

その前に


取説を拡大コピーしたり
手袋を入れたり、
長い金具があれば便利と書いてあったのでハンガーで作ったり
タイヤホイールを外すための工具もすぐ取り出せるところに出しておかないとだ


初出番は、出勤の時なのか山なのか・・


ドキドキ。。




ぁ??


そういえばタイヤの前と後ろ どちらかに付けるのだと聞いたぞ。



え~~っと。。。どっちやったっけ???


・・・・・



車の取り説を開いて調べてみる。。






なるほど~。。








前でした。。。。。(笑)




  1. 2009/12/15(火)
  2. 山その他
  3. コメント:0
  4.   .

楽しかったー。冬枯れの「金山~西山~坊主ケ滝」

00表紙


冬枯れの金山
三瀬峠~金山~西山~坊主ケ滝と歩いてきました

この日をとても楽しみにしていた、のどか。
日頃の行いが悪いのでしょうねぇ・・・
前日の午後から急に体調を崩し不参加となりました

いつも姉妹一緒ですが、今回は一人でも行きますよー。
だって今日は・・・思いもかけず
長崎組さん2名の参加ですよ もぅ嬉しくって何があっても行くつもりでした(笑)

ということで揃ったメンバーは
福岡組:S・TAROUさん肉まんさん、風来坊さん
長崎組:クラッカーさん、そよかぜさん
佐賀組:タクさん、テツさん、+3kさん、かず

軟弱のどかがいないので、皆さん精鋭揃い・・・どうなる事やら
やや緊張してのスタートでした

でも、緊張は最初だけで、
そよかぜさんとクラッカーさんの楽しいお喋りにすっかりリラックスです


01三瀬峠登山口



02_20091209153040.jpg



いつもは「のどか」の背中をみて歩くのですが
今日は肉まんさんの背中を常に見逃さないようについていきます

03景色01


他の方はその景色の見える場所へ寄り道

04景色02


何度もリピートして言うつむじかぜさんそよかぜさんです


めげずに冬枯れの素敵なコースを歩きます
05縦走路01


06アゴ坂峠


07金山


これからブナ林を歩きます。

08ブナ林01


回数は少ないけど何度きても好きな場所です
表現力がないので感動を伝えられないのが辛い・・


ナント素晴らしい!
ナント美しい!
ナント素敵な!  どこぞのブログの感嘆詞をお借りしての表現でございます(笑)

こんなことを思った罰か・・・
下りで木の根っこでツルツルッと滑ってドッシン。。しりもちです


09縦走路02



途中展望がすごくいい場所にて。


10天のスポットライト



11お弁当タイム


ジッとしていると寒かった。。
歩いていると汗が出たり、暑かったり。風が吹くとブルブル寒かったり。
衣服調節が難しい。
この日はジャンバー1枚と冬用の帽子しか入れていなかったので
もうちょっと調節できるように持参しないといけないと思いました


タクさんが、先日観たというお勧め映画「ゼロの焦点」の話をされます。
中谷美紀が気絶する演技が凄かったらしい。
いきなりその演技を真似てくれる
これまたほっぺたの肉までフルフルと震わせての迫真のものまねはあっぱれ。
しかも2回もやってみせてくれる(笑)

S・TAROUさん「あぁ~今の動画に撮ればよかった!」

「タクさん今一度~」とお願いしても

「もうやりません」とキッパリ。 冷酷な人である。

しかたないので・・・・


描いてみる。。(笑)

12ゼロの焦点


そこに居た4人一同に唖然~~(笑)

こんな山中で、しかもザック担ぎながら・・変な面白い人です(笑)

そーんな楽しい昼食タイムも終わり、いよいよ西山へゴーです。


12西山へ


これから延々と下ります。
途中倒れた木の幹を跨ぐ時にスボンの裾がひっかかってオトトト~ 
木の幹の上にドタリと転んでしまいました
怪我がなくてよかったです。。ホッ。


13生木



西山近くになると少し雰囲気が違ってきます

14西山

私はここがなんとなく好きなんです
ずっと奥まで続く木々。広く深い林の中にいるようで
一人できてみたいと思うけど・・・
実際、頼りになる皆さんと来ているから楽観的に思うのであって
本当に一人だったらやっぱり怖いかもしれんなぁ・・・


狭い木の間を通り抜けると。。。

15西山



ここは9人が並ぶにはとても無理。はみ出ます。

場所を変えて集合写真といきます

これがねぇ。。
もぅ、それぞれ皆さんのブログやHPでご覧になったと思いますが

今一度。。

16集合写真西山01


しかし。何故だかどちらのカメラも無反応です


17集合写真西山02


今度は「はい。チーズ」の瞬間。土台のザックからカメラがコロリ。。


めげずに設定中です
18集合写真西山03




19集合写真西山04


ひ~ひ~。。可笑しい。可笑しい。大笑いしました。

そして。。やっとこ。。。。


パチリ 
     19集合写真西山05



楽しかった西山を後にして、坊主ケ滝コースで下山です

20_20091209153251.jpg


21小滝

沢があってとても素敵なコースでした。
水の音というのはとても癒されます。(沢の動く小石には注意です、笑)

22集合写真
 


予定より時間が早かったそうで「坊主ケ滝」へ下りてみるそうです

23坊主ケ滝へ



24坊主ケ滝へ



ふぃ~~。やっと着いた~~て感じの、緊張の連続でした


25坊主ケ滝




朝、車をデポしておいた場所はこの坊主ケ滝からすぐ近く

26下山


今日の山歩きも終わるなぁ。。と思うとやっぱり感傷的になります

寂しいねぇ。。


でも!!!

今回もやっぱりオマケ付きです おたのしみ「曲淵うどん」

細麺で上品な味付けで、
疲労と少し冷えたからだにほっこりと美味しぃ~~

曲淵うどん


山もうどんも一緒に歩いたみなさんも最高の一日でした。

とてもとても楽しかった「幸せの山歩き」となりました。


私は、みなさんに出逢えて本当に良かった!


・・・・ん?


どっかで聞いたセリフ。。。(笑)



  1. 2009/12/06(日)
  2. コメント:16
  3.   .
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。