幸せの山歩き


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2. スポンサー広告
  3.   .

天山へお花探し

土曜日・・
事務所へ行ったら、、、閉まってた(笑)
一度家に戻ってザックと靴をコッソリ持ち出し天山へ~
山頂に着いたのがお昼
(早朝に姉夫婦も登ったらしい)

たまには一人での~んびりゆっくり。
可愛いお花を写真撮りながら歩くのもいいもんです。
天山


沢山のお花を撮ってきたけどとりあずこれだけ
後は時間があれば&気が向けば

今日の目的はモウセンゴケのお花。食虫植物。
去年初めて会って一目ぼれのお花。

モウセンゴケ

モウセンゴケ2

可愛いお花で虫を誘ってネバネバの液をだして虫をパクリ~


マツムシソウ
マツムシソウ


シギンカラマツ
シギンカラマツ

キュウシュウコゴメグサ
キュウシュウコゴメグサ

シュロソウ
シュロソウ

サイヨウシャジン
サイヨウシャジン


ヤマホトトギス
ヤマホトトギス



ツルリンドウ
ツルリンドウ


ホソバノママハハコホソバノヤマハハコ(笑)に会えなくて残念
偶然お会いした霊峰天山の管理人さんが言われるには
先週は咲いていたらしいけど今日は無かったとか・・
終わったか盗られたか・・・前者であって欲しいです
スポンサーサイト
  1. 2009/08/29(土)
  2. 山野草とか
  3. コメント:8
  4.   .

金山(花乱の滝コース) と、曲渕うどん

 お天気ヨシ。
 風ヨシ。
 気温ヨシ。
 沢の水量ヨシ。
 足場ヨシ。

何度も中止になった「花乱の滝コース」は最高でした

まずは、折角通るのだから「花乱の滝」の見学です
まだ時間が早いので私達だけで静かです

01花乱の滝

勢いよく落ちる滝と水しぶき。そこから流れていく水がとても気持ちいい。

この流れを上に歩いていくわけですよ。。くふふふ。楽しみ♪


そこから少し車を走らせた登山口では・・・

 車から下りる時は敏速に!
 車内から荷物を取る時は瞬時に!
 登山靴履く時は阿波踊りしながら!(笑)

02アブ
  アブがブンブン~~~

こんな大勢のアブ達に囲まれたのは初めてで慌てました
手足や首、顔にまで防虫スプレーをシュシュ
蚊取り線香をぶら下げていざスタート。

いきなり急登です(笑)
03登山口


這い上がったところで、ヤマホトトギスが迎えてくれました。
いつ見てもユニークなお姿。^^ 蕾がタコツボみたいで可愛い♪
04ヤマホトトギス


沢のBGMの歩きです。
花乱の滝こーす01

いくつ渡ったろうかねぇ~。

花乱の滝こーす02

花乱の滝こーす03

花乱の滝こーす04


「ぅわぁ。良かぁ~~。すっごくいい~~」の連続
05-1.jpg

いつのまにかアブもいなくなっておりました。

前日の雨の為かいつもより水の量が多いとのこと。
沢は枯れることなく心地良いBGMはいつまでも長く続いてくれました。
05-2.jpg


何度も何度も沢の景色に感動してはシャッターを押す。
相当の数を撮っておりました。(沢の写真ばかりどうするつもりやら・・・)

あの場所にジャブジャブ入って寝そべれますね。
06沢遊び
あの場所もいいですね。遊べますよね。
後ろから歩いて下さるS・TAROUさんと水遊びを想像しながら歩きます(笑)

 入りたい・・
 水着はいてくれば良かった(本気で思う)
 ズボンの下に短パンでも良いではないか!

宣言!
 「来年は絶対にジャブジャブやらせて頂きます」笑


木漏れ日がいいね~。
07木漏れ日

沢を通る風の気持ちいいこと。
汗も出るけどちっとも暑く感じない。気持ちいい歩きが続きます

分岐を左(金山直登)に、帰りは顎坂峠を通ってここにきます
09分岐


沢はずっと続きます。

10木漏れ日と沢

いよいよ音が消えてきたなぁ~~っと思ったら、
ここが源流ですかね?チロチロと最後の(最初)の流れ
11源流
これからあの滝になっていくんだよ~。凄いね~。と感心する。。

でも、その音が小さくなる頃、金山への喘ぎの直登が始まるんですよと肉まんさん。。


はいな・・

これからは沢のBGMの代わりに
前を行く姉ちゃんの「ひーひー」という声がBGMに変わります(笑)
08直登

楽しい沢歩きにけっこうなエネルギーを使ったもんだから、かなり堪えた直登でした。
でもこんな登りもあってこそ登山の醍醐味~~(笑)

山頂に出てきたところで。
「へーーー。ここから出てくるんですねー」といつもと違ったところから山頂に飛び出たのがプチ感動でございました。
12金山山頂

前回までの金山は霧で毎回展望ゼロでしたから
今日の景色は最高~~でした
13山頂からの景色


山頂は暑いかと思ったらば、秋の風を思わせる風で気持ちいい~


木陰で軽く行動食とお喋りタイム。
14休憩

風が通ってとっても涼しい。汗が引く時は、寒さを感じる位でした。

さ。程よく休憩したら下山です。
この後は肉まんさんお勧めの「曲渕うどん」が待っていますー。

下山に使った道(顎坂峠?)はこれまた初めて歩く道。
脊振山系のこんな景色が大好き。冬枯れの季節は絶対にもう一度歩きたい。
15下山

沢といい、色んな顔がある金山ですねと皆さん

直登の分岐まで降りてきたら同じ沢を下ります。
16下山の沢


皆で休憩のたびに沢でチャブチャブ。。
風来坊さん沢に溶け込む(笑)
17水浴び


難所が1箇所。サポートを受け渡ります。
17難所


この後も楽しく下山。
18沢



登山口到着ぅ~
18登山口到着


朝は私達2台の車だけだったのが帰りは5~6台になっていました。
朝よりアブの数は少ないものの、油断すると車の中に入ってきます。

着替えを済ませて、お腹空いたよぉぉぉ~~♪

登山口から車を走らせ下ります
途中の道でもキャンプの人たちの車が路肩にポツリポツリ。
花乱の滝を見るために数台の車が止まっている
その中の一台。
信じられないことに・・・道のど真ん中に駐車している

ありえない駐車

運転手がなかなかみつからず、かなりの時間を費やしました。
この自己中な車のために、せっかくきた道を諦めて戻る人もあり
相当に迷惑を掛けている。
やっと見つかった犯人の態度を見ていて腹が立ったのは私だけだろうか・・
ちっとも悪びれてない
普通なら「すみません!!」と一目散で走ってきて車を動かします よね?
それが、そのオッサン(失礼)
佐賀弁でいうと
「ぬてーーーてして、いっちょんサッサとせん」とですよー  ぷんぷん
こんな人と生活する人は大変だろうと要らん事まで考えてしまいました。笑


そんなハプニングもすっかり忘れて食べた曲渕うどんはとっても美味しかったです。
私が席を立ったすきに、
大食いの私に気遣って皆さんが「大盛り」を注文してくれてました。
お気遣いありがたや~(実は全員大盛り。笑)
20曲渕うどん

でもちっとも大盛りじゃない~。これのどこが大盛りだ~。って感じですけどね。笑
(ちなみに、私はラーメンも大盛り派です。笑)

細めんでコシがあってつるつる。
麺類大好きにはたまりません~。旨いぃぃ~~。


てことで。。。


今回もとっても楽しい山歩きでしたぁ。

19集合写真


来年も行きたいですー。(ズボンの下から短パン履いていくよー

ありがとうございました。


 S・TAROUさん
 風来坊さん
 肉まんさん
 のどか




何度も雨で変更になった「花乱の滝コース」
「少しの雨でも中止」その訳は歩いてみてよく分かりました。
足場が危険になるのはもちろんでしょうけど、
沢を何度も渡り歩くので少しでも水かさが増すと渡れなくなるんですね

「登山口までの駐車場へは軽自動車が良い。大きな車は離合が困難」
これまた肉まんさんが何度も言われてたこと。
行ってみて納得でした。
私の運転では心もとないので風来坊さんにお願いしました。
こんな狭い荒れた道に、涼を求めてやってくる人の車は多く
実際、帰りは離合できずに、登ってくる対向車に延々とバックしてもらいました





  1. 2009/08/23(日)
  2. コメント:9
  3.   .

樫原湿原

行ってきました(^^)

01樫原湿原

沢山お花を撮ってきたけど、全部を載せるのはギブアップ。

サギソウは今年はいつもより咲いていたと思ったのは私だけ?
02_サギソウ

午後からお花が全開になるヒツジグサ
02ヒツジグサ

一番多くシャッターを押したけど、ぜーんぶボケボケ
ハッチョウトンボの雄
03ハッチョウトンボ

サイヨウシャジンを見ると天山のお花達が気になります
04サイヨウシャジン

ユニークだよねぇ。。ナンバンギセル。
去年は終わったのしか見なかったので嬉しかった
05ナンバンギセル

いっぱい咲いてたミズトンボ
08ミズトンボ

コバキボウシはどうしていつもこちら側を見てないんでしょうかねと近くを撮影する人が話しかけてきた。
言われてみればそうですね。太陽を向いてるのかと思ったけど、殆どが沼の方向をみてる。
09コバキボウシ

オカトラノオ。いっぱい咲いてた。好きなお花。
と思ったら、
濡れないように?尻尾がピンと立ってるので、 ヌマトラノオさんだそうです(pandaさんありがとう

10オカトラノオ

秋のお花が咲き始めてました
キキョウとサワギキョウ
06キキョウ
07サワギキョウ

で。。。最後に驚きの一枚。

ヌスビトハギが今の時期あちらこちらに可愛いお花を咲かせている。
小さすぎてなかなかピントが合わないんだよね。
写真の整理をしていたら。。

可愛い虫さんが写ってたぞーーーー

葉っぱの真ん中に目があるみたいで、なんとも可愛いではないかっ。
なんていう虫だろうね~~

11可愛い虫
  1. 2009/08/22(土)
  2. 山野草とか
  3. コメント:5
  4.   .

多良岳-オオキツネノカミソリ


タクさん
に案内をお願いして、
kuro1(♂)・kuro2(♀)さんと歩いてきました。

06オオキツネノカミソリ02

お花の状態もまだまだいい感じ。


06オオキツネノカミソリ03


06オオキツネノカミソリ04


多良オオキツネノカミソリ01


06オオキツネノカミソリ01

井原山のお花より心なしか多良岳の色が濃く感じましたが
どちらも負けず劣らず素晴らしい群落でした。^^



黒木登山口→八丁谷→金泉寺→国見岳→多良岳→六体地蔵→金泉寺→黒木登山口

タクさん
kuro1さん
kuro2さん



ここからは、いつものように自己満足の記事をアップです

  ↓





平日の火曜日です。。
婆ちゃんに、早朝に家を出る理由を作らなくてはなりません・・
「今日は山へいくから早めに出ます~」なんてことは口が裂けても言えない。

集合時間が思ったより早くなかったので、今日の大ボラは・・・


「講習に行ってきまぁーーーす 」(一体何の講習であろうか・・笑)


二度もキャンセルしたkuro1(♂)・kuro2(♀)夫妻との山歩き
今日やっと一緒に行けます。
一ケ月も前からタクさんに予約して(笑)ガイドを頼みました。

時期的にオオキツネノカミソリを見に行きましょうということで
この群落を何年も前から見てみたかったというkuro2さんは大喜び。
私とkuro2さんの山の話題に
ナント! 自転車が趣味?のご主人kuro1さんが山に興味を持ち始め
今ではkuro2さんよりもご主人の方が一生懸命の様子だそうでした(笑)

いいことだよね~。
登山者の少ない平日がメインになると思われるお二人。夫婦で歩くのが安心ですね。


黒木トンネルを抜けたところにビューポイントあり。
さっそく車を止めて撮影タイムです。
01_20090806140136.jpg


登山口に着いたら、
タクさんに準備体操を順にしっかり教えてもらいます。


02自動シャッター


03スタート


04まだまだ元気


05水場


オオキツネノカミソリの群落地で感動&撮影タイム
07団体さん
平日で出会う人はポツリポツリだったのに・・
なにやら後ろからざわざわ。。。
30人を超える大団体さんがやってきます~~~
もう少しお花を観賞したかったのですが、名残惜しく後にします。(帰りも見れるしね)


08マイナスイオン
こういう雰囲気がたまらなく好きですねー。
この日は、風がよく通ってて気持ちよかったねー。

09もうすぐ金泉寺
もうすぐ金泉寺だよ~。頑張れ~~


10金泉寺
景観とマッチしてませんね・・
老朽化で建替えは仕方のないことですけど
この為に山を切り開いて作られた車道にビックリ。。。


10お弁当01


11コーヒー




「ここで折り返して下山してもいいですよ」
タクさんの言葉に

「山頂まで行きたい」といわれるkuro1・2さん。(頼もしいではないか。^^)


金泉寺を後にして多良岳へ向かいます。




ふわぁぁ~~~ いいなぁ~~この雰囲気。 たまらん~。
12多良岳石段


13_20090806141904.jpg


14タクさん


16kuro.jpg


            17鎖場


 

多良岳と国見岳の分岐から




18国見岳



19多良岳山頂


20多良岳山頂2



多良岳を後にして。。。



21下山


22レスキュー





23先頭


しかし。。


その元気も束の間。。。。(笑)


24ぐったり




25タク赤ザック

25ぐったり

26水場

28木々

27林道


経ケ岳が美しく見える場所で。。。
29経ケ岳
雪の日に一度しか登ったことが無い。もう一度登りたいなぁ。。と見上げる。
心無い人に変えられた山頂も気になる・・

ずっと見たいと思っていたイワタバコのお花も見れました。

30イワタバコ

バッチリ撮れたと思ったけど、殆どが没。
イワタバコって撮るのが難しい。。





kuro1さんは元気元気。
kuro2さんは最後は気力での下山だったと思われます。。

この後、二度と山は登りたくないと言いそうな気配???

と思いきや。。

数日後に届いたメールに

    登山は出産に似てる。痛みもきつさも2時間もすれば忘れてしまう


また登りたいそうな。。
こうやって人は山にハマってゆくのです。。。。ほほほ。。


タクさん、初心者3名のガイドありがとうございました。
感謝感謝の一日でした



  1. 2009/08/04(火)
  2. コメント:15
  3.   .

井原山-オオキツネノカミソリ

オオキツネノカミソリ02


「明日は休みにする」と社長の一言(いつも突然です、笑)

やたっっ!

では気になっていた井原山に行こう~~

婆ちゃんには「仕事に行ってきまーす」(笑)


今日は単独。

単独の場合は「古場岳登山口」しか自信がない
4月にタクさんに案内してもらったコースの一部を逆から行ってみよう!

古場岳登山口(10:00)→井原山山頂→水無登山口方面へ下りる→オオキツネノカミソリ鑑賞→井原山山頂→古場岳登山口(15:15)




家を出て登山口に着いたのが09:45
車が数珠繋ぎに駐車してるかと思ったら、1台しか止まってなかった。
私の後に3台続いてきたけど、、、案外少ないのねぇ。。
古場から登るひとが少ないだけなのかな・・

まぁ少ないに越したことはないです。。

で。。

初めてのオオキツネノカミソリの群落を見てきました(^^)

オオキツネノカミソリ03


綺麗だったね~。ほぼ満開です。

オオキツネノカミソリ05

オオキツネノカミソリ01



霧もあり幽玄の中一人で歩くのはとても気持ちよかった。

本日2度目の井原山(笑)の静かなこと。
井原山


お天気はガスってて山頂の見晴らしはよくなかったけど
単独の山歩きには最高!

井原山を2個も登るのはかなりハードやったけどとっても満足感


やっぱり山はいいね~~

  1. 2009/08/01(土)
  2. コメント:8
  3.   .
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。