幸せの山歩き


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2. スポンサー広告
  3.   .

天気は雨予報。登山口巡り

kuro.jpg

友人kuroさん夫婦との山歩き
とても楽しみにしていたのですが・・

何が困ったかって・・・
前日の山歩きの大きな・・・博多まで出かけている忘れ物ですよ

あの中には、登山靴にレインウエアのズボンに。。ストックまでも
生憎登山靴は一足しか持ちません

金山へ登る計画だったので・・
金山ならなんとか運動靴で・・
いや雨で滑るかもしれん。。いかん。いかん。

姉に電話して
登山靴とレインウエアのズボンを貸してもらうことにして準備万端とします。


で。。。


そんな気苦労の甲斐もなく?
やっぱり当日の朝は無常の雷と雨で山歩きは中止にしました

第2の案件は、、
私となかなか休日が合わないので、kuroさん夫婦だけで山へいけるように
私や姉でも登れる山(笑)の登山口を教えることに。。


こちらの県側から登る井原山・雷山・金山・土器山の登山口をご案内~


私の車はナビがついておりませんが
井原山・雷山・金山までは無事に案内できました。

金山の中山キャンプ場では車を降りてゆっくり散策。
いつも集合場所に使う場所だけど、ここらをゆっくり歩いたことはない。
キャンプ場だけあって、いいとこですねぇ。

山中キャンプ

彼女ご希望の「のっち」で、小さな(笑)ケーキとコーヒー
のっちチーズケーキ

ケーキもコーヒーもとっても美味しかった。
不満なのはケーキが食べ足りなかったこと(笑)
kuro01.jpg


途中の景色がやたらと良いので車を止めて撮影タイム。
この時は雨もあがりうっすら陽もさして。。

コケ

スミレ

ネジ花

ヒメジョオン


さぁ。最後は土器山をご案内です。

のっちから土器山へは「池田の信号」を左折したほうが近いです。
頭ではわかっておりました。。

なのにひとつ手前の三差路から左折してしまいました

道迷い1

しばらく、間違ったことに気付かず・・・
楽しくおしゃべりしながら走るにつれて・・・
むむむむ。。。
どうも変だぞ。。景色が違う。。こんな景色じゃなかったはず。。

で、

間違った事に気付きながらも、先に進んではUターンしては進む。。

道迷い2


地図と方位磁石を照らし合わせて、今いる場所を把握。
戻るより51号線へ入ればよいと判断したのが間違い・・

道迷い3


この後、最悪なことに、通行止めに遭遇。(ついてない~~) 
迂回路図を見て迂回しましたよ~~
それがまたとんでもなく狭いわ、登るわ、登る。。延々と登る。

いったいどこまで迂回するのか?? 

道迷い4


長いぞ。。こんなに狭い長い迂回・・・(また、間違った???)

不安になってくる。

だ。。。

大丈夫なのだろうか・・

だんだん不安になってくる。
冷や汗だらだらです・・


相当焦りました。一人なら「なんとかなるさ精神」も、今日はお客様(笑)を乗せてる。

ぅああああ。。。

しかし、ここで救いだったのはkuroさんの性格。
焦る私をやんわりと和ませてくれる。
彼女は「よか。よか~」と助手席からほわわ~んとジョークや笑いをくれる。
人間こうでないといけません。
こんな時隣に乗ってる人がキーキーヒステリー起こしたり
一緒になって焦られると、それはそれは辛いです


そんなこんなでどこをぐるぐる回ったか今では記憶にありませんが(笑)
やっとこ。。。

見覚えのある道に出て・・

といっても、51号線を迂回したはずなのに、51号線には戻らず
全然違ったところに出てしまった。。笑

でもいちお正常な道に入ったのでヨシとします。

道迷い5

ぐるぐるぐるぐる回ってやっと
土器山の登山口をご案内することができました。

着いたときはもうグッタリです
とっても自己嫌悪になりつつも、まぁ。。
結果ヨシで楽しめました。

と、思いたい。




帰ってからどこでどう迷ったか地図で検証。

道迷い検証


地図で見てみると、最初に気付いた時点で戻ってもさほど距離はなかったようでした。。
でもその時はかなりの距離を走ってきてると思ってしまったので
「今走ってきた道を戻ると相当時間がかかる」と思ったとです
あの時戻ればよかったんだよね。。


迷ったら戻れ。。ですね。

これって山歩きと同じだと思った。。
私は絶対に遭難するタイプです。(笑)

って笑い事じゃない~~

とんだ道案内人でございました。


しくしく。。。



スポンサーサイト
  1. 2009/07/20(月)
  2. 山その他
  3. コメント:10
  4.   .

鬼ヶ鼻岩~猟師岩~西山。小刻みで金山~脊振山縦走路完歩(笑)

ブログのパスワードを忘れる程の久々の更新=山歩き
本来ならこの日は実家の法事の為にどこにもいけない日だったのですが
事情により法事が中止となり、西山も歩けてラッキーな日となりました


いつもの集合場所山中キャンプ場へ8時。
花乱の滝コースを変更しての西山となりました
今回初対面の風来坊さんと軽く自己紹介をして椎原峠西と小爪峠登山口へ車を移動です。


スタートの椎原峠西
01椎原峠西

車を止めてひょぃと見るといきなり縦走路が見えます。
福岡組さんはどうにもプライドが許さなそうでしたが、そんなの関係ねーです


歩き始めて直ぐに鬼が鼻岩に到着(笑)

02鬼が鼻岩

雨雲が掛かってたけど、景色はよく見渡せます。
岩の上から見る景色は最高~♪


03_20090722120049.jpg


ここらあたりは岩が多くてロープもあって、なかなか面白い


04花

かわいいね~。なんていうお花なんだろう。
パンダさんが似たような「ウリなんとか。。」てのを載せてましたよねぇ。でも色が違うね
葉っぱも違うしなぁ。。
お花の名前を覚えられないのがストレスになるので、
わぁ。。かわいいねぇ~。で満足することにしているこの頃でございます。
   (後日教えて頂きました。ツツジ科スノキ属の「アクシバ」だそうでした。

姉とこのお花をじっくり撮影中に。


肉まんさんが・・


「蛇?・・・マムシですよ!」


その声にビックリ!


どこ?どこ?どこどこ? 
どこどこどこどこどこどこどこ????

きょろきょろ見渡しても分からない。

姉ちゃんはパニック(だったらしい。笑)

肉まんさんの記事では4番目と書いてありましたが
本当は肉まんさんは5番目で、この時は私がその前

マムシという声に私はすかさず後ろに下がり、肉まんさんを盾にしました(笑)
その盾の肩越しからデジカメでパチリ。パチリ。

マムシ02


その間、
「ストックで払いましょうか。いや威嚇せんほうがいいでしょう」
そんな言葉が交わされていたような・・・

マムシを挟んで3人と2人に別れてしまいました。

マムシ01


肉まんさんと私はそのマムシの横を進まねばならない
マムシから距離はありそうだけど。・・怖いです

 か:「どうするとですか?」

 肉:「行くしかないでしょう」とキッパリ。

 か:「げげ~。。


 「マムシがあっちむいてる今!今がチャンス!」 とあちらの岩組

マムシ03


ずっとこっち向いとぉやんーー。


ササッと勇敢に横切った肉まんさんを見届け。。

・・・・・・・いざ


前へ
この時、無意識に私は頬っぺたを両手の平で挟んで身も縮む思いで進みました
へぇ。。私ってこんな精神状態の時はこんな格好をするのだと、自分発見です(笑)


マムシから開放されて。ホッ。。
S・TAROUさんが石をマムシに向かって?投げます。
運動神経抜群のS・TAROUさん、かなり外します。

S・TAROUさん「あぁ。当たらんやった(惜しい)」

肉まんさんと私は (・・?)  ちっとも惜しくなんかない(笑)

S・TAROUさん大ボケ~~。。と横目で笑ってたら

「二匹おるっっ!!」肉まんさんの声に皆再びビックリ!!

肉まんさんと私が見ていたマムシの向こうに
姉達が見ていたマムシが別にニョロっとおるではないですかっ!。
マムシ04


ひゃーーー。これにはおったまげた。


皆でそれまでの話の食い違いを大笑い。

とっても恐ろしいマムシにとっても和やかな時間をもらいました。

でも、何も気づかなかったらあの岩の上を歩いていたかもしれない
お花撮影に夢中でさらに近づいていたかもしれない。

この後の歩きで、姉は3匹目に遭遇します。
そこには小さな(小動物の)ウンチがあったけど・・
さっきのパニックで気が触れたのか?
「そのウンチのことばいいよっとやないのか?」とS・TAROUさんと私は信じなかったけど、どうやら本当だったみたいです。(笑)
その場所も陽が当たる枯れて折れた大木の根元
こんなふうに人間もほっこりするような場所は気をつけねばならないと肝に銘じました

(今回の記事はマムシがメインです(笑)


それから猟師岩山へ

途中アサギマダラという蝶々とご対面。

07アサギマダラチョウ


ふわふわ~ってとっても優雅に飛ぶね~。。
渡り蝶と聞いて「へー」です。
そういえばそんなニュースを耳にしたことがある。かなりの距離を飛んで移動するとか・・。
会えて嬉しい~。


猟師岩山
06猟師岩



小爪峠までの歩きで、姉と私は金山~背振山の縦走路をすべて歩いたことになりました。

08小爪峠


これはプチ感動です3日も掛かって歩きました(笑)



この小爪峠からは長い登りが続く~
09小爪峠から


しばらく山歩きの期間が空いたのと、いきなり縦走路から歩き始めたので(笑)ラクラク続きで、ここでやっときつい長い登りになりました。こんな歩きもあるから面白い。


西山へ向かいます。
10西山へ

西山はS・TAROUさんHiroさんの去年のレポを見て歩いてみたかった場所だったのでとても楽しみ。^^

金山背振山縦走路からグングンと下っていきます。

11西山01


奥へ奥へと入っていくごとにすごく雰囲気が良くなるけど、私のカメラ腕では表現できない。
奥深い山というか森というか樹林というか。表現力乏しいのが辛い。。

秋や冬枯れの季節はもっとすばらしいのでしょうね。
その季節にまたいけるチャンスがあることを願いたいです

西山の山頂はとってもショボイ狭いです

11西山02


12写真01



ぴっぴっぴっぴっ
はいはい。みんないい顔、いい顔~~~



パチリ!
西山集合写真


おぉ~~~。良く撮れとるばぃ♪





ここでお弁当♪
13お弁当
広くて涼しくて気持ちいい場所です。
風来坊さんと家庭菜園の話や
釣りや美味しそうな浜辺のキスの天ぷらの話、
S・TAROUさんの気持ち悪い?魚の餌の話。。笑
ゆっくりとおしゃべりを楽しみました。




14西山01


14西山02



小爪峠登山口への歩きは何度歩いても感動。
15小爪登山口へ



16小爪登山口


ここで汚れた登山靴を運動靴に履き替えてー
汚れたレインウエアのズボンも脱いで、
ソックスも脱いで、
帽子は汗で濡れたね~。
ザックカバーも外しておこう~
大きめのナイロン袋へ汚れものを押し込み、
風来坊さんの車にザックとともに乗せてもらい移動です。

それぞれの車に移動して。汗を温泉で流して

まっつぁんへ~

17まっちゃん

おいしかったですねぇ。。^^


ここで福岡組の皆さんとお別れして我が家へ帰路です。

いはやは今日は色んなことがあったよ。楽しかった。

家に着いて、即汚れた登山靴洗わないとです。
山歩きの後何が一番嫌かって・・この汚れ物の洗濯。
まだテンションが高いうちに洗ってすべて干してしまわないと後からだと絶対にやりたくない。

さぁて。。洗うとするかぁ~~






・・・・・・・・・・・・・・


  ぁ



私・・・


小爪登山口で脱いだ汚れた一式。。
袋ごと・・



風来坊さんの車に乗せたまんまだ~~!!!!








ありえんぜよ、自分。。。。_| ̄|○




この後の騒動はご想像にお任せいたします(笑)






翌々日の火曜日・・・


遠路博多より宅配便が事務所に届きました。

皆さん大変ご迷惑をおかけ致しました。
肉まんさんお手数掛けました。ぺこり・・


・・・・・・・。


どうせ私はこんなヤツです (開き直り)





S・TAROUさん
肉まんさん
風来坊さん
のどか

  1. 2009/07/19(日)
  2. コメント:10
  3.   .

天山へ

20090707143934


というても私ではなく友達kuroさん夫婦

今日本当は私も一緒に行くはずだった。

土器山か天山か迷って、天山へ変更したとたん
どうしてもやらねばならない仕事が出てドタキャン。


山頂から明るい夫婦の笑顔の写真が届いた


ふふふ。。。


絶対にハマルぞこの夫婦。。♪
  1. 2009/07/07(火)
  2. たわごと
  3.   .

水彩:平治岳に登った日

平治岳


あの感動を描きたかったとですが・・・


ここまででギブアップ。。。


次回からはやっぱり単純なものにしよう。。。。ふへ~


  1. 2009/07/04(土)
  2. なんちゃって画家
  3.   .
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。