幸せの山歩き


馬場の山桜

タクさんのブログで見た「馬場の一本桜」
どうしても見たかった
昼休み往復にはちと時間オーバー。

やっぱり無理かなぁ。。。


次はbambooさんのブログで見た。。
「近くて遠い場所になりそうだ」。。とコメントに書いた。


でも・・・・そうだよ! 諦めてはいかん! 

パートタイム終わって即車を飛ばそうっ 
時間が無理なら途中で引き返せばいいやん


で。。。


感激の風景でしたぁ。。

01_20090331213430.jpg


ほぅ~らね。。何でもやってみないと分からんとですよねぇ
行ってよかったぁ~~

02_20090331213440.jpg

帰宅時間が気になりアセアセあちこち走り回ってパチリパチリ。

03_20090331213447.jpg

04_20090331213454.jpg

05_20090331213502.jpg





帰り道途中の夕日の当たる桜もパチリ。

06.jpg

07


たったこれだけの事でも気持ちがリフレッシュ 



 
  1. 2009/03/31(火)
  2. ちょこっと山
  3. コメント:7
  4.   .

青空と霧氷と雪の三俣山の。。。後のお楽しみ

感動と楽しい山歩きの後は男池周辺を散策

噂のタヌキにも会えました(^^) 

01-タヌキ2

可愛いね~

餌付けされてまったく逃げる様子なし。 男池の人気者だそう、4匹いるらしい。

今日は1匹姿を見せてくれました。^^

01-タヌキ1

なかなかこっちを向いてくれないのが残念やったけど
タヌキに見つめられると、カメラを落として壊すらしいので要注意です。(笑)


ユキワリイチゲや、アズマイチゲももちろん初対面です。

清楚でなんて可愛いんでしょう

(ユキワリイチゲ)

02-ユキワリイチゲ

02-ユキワリイチゲ2


どちらもとても感動です、こんなに可愛いお花だったのねぇ~。

(アズマイチゲ)

03-アズマイチゲ

03-アズマイチゲ2

03-アズマイチゲ3


今年は諦めてた福寿草にも会えて嬉しかったですね~。

03-福寿草

03-福寿草2

福寿草は生長すると背が伸びるとは知らなかった、
(だから園芸店で見る福寿草はひょろんとしてるのか。。)


ルーペの中のお花はすこぶる感動でした

12-ルーペ



お花にもタヌキにも増して感動したのがこの光景。。


12-激写02




12-激写中02


     皆さん激写中(笑)


こんくらい気合を入れないと感動の画像は手に入りません(笑)

私に負けず劣らず爆笑記事を書いていたHiroさん(笑)のお花の写真はちと感動します

もう少し眺めていたかったのですが、やはり時間は待ってくれない


この後、温泉へ

この温泉でも、なぁんかね、、楽しいのですよ(笑)

「さぁ~~~て上がろうかな~~」、壁向こうの男湯からわざとらしく聞こえてくる大声に


 Hiroさんと顔を見合って大笑い~~~

      あはははははは~~
   
    (あと2時間くらい長風呂してやるぞぉ~~~。湯冷めして下さい。。。ぷぷぷぷ)


本当に楽しい人達です(笑)

心から、皆さんにありがとうの日でした。


バンザーイ!(^^)!


                                          ちゃんちゃん♪

  1. 2009/03/21(土)
  2. 山野草とか
  3. コメント:6
  4.   .

青空と霧氷と雪の三俣山(その2)

さてさて。。。

(06:30)
素晴らしいお天気になるというsanyuさんの言葉に期待に胸を膨らませ出発です

前を歩くtoshiyanさんが、「今日はまだ誰も歩いていない」と言います。
嬉しいですねぇ。
山を歩けるのならどんなに早くたってかまいません。
仕事の日はなかなか起きれないけど、山の日はお目パッチリだもんなぁ(笑)
おっといかん、こうやって無駄口が多いから長くなる

先に進もう。


01-ノートレース


あの三俣山に登るのですねぇ~~。ワクワクです。
02_20090318150700.jpg

「今日は素晴らしいよ、凄いよ!」と口々に皆さん
月が見えて、太陽の光が山にかかってくる。。こういうのネットで見たよね。
目の前で見てることがとても嬉しい
03-月
空気も透き通って景色も素晴らしい。
GENさんがあれこれの山を教えてくれるけど・・・
今はすっかり忘れてる。(いかんなぁ。。と、後日、地図を広げる、笑)


「ほら、星生山がピンクですよ」といーさんの声に見上げると
すごい~~
ピンクの星生山です~~。 綺麗だぁ~~~~
これもネットで見たことあるぞ。凄い凄い
04-ピンクの星生山


05-ロープの霧氷


これまたよくネットでみる。すがもり峠、愛の鐘も鳴らしてみました♪
06-すがりも

さて、いよいよ三俣山へ登ります~~
07-三俣山01


もぅ、素晴らしく美しい。感動続きの景色でした。 
07-三俣山02



07-三俣山03



07-三俣山04


そして、遂に! 三俣山山頂です~~
07-三俣山05山頂

姉ちゃん。登ったねぇ。。嬉しいねぇ。。
まさか本当に登れる日が来るとは思わなかったねぇ。。

    嬉しいねぇ。。。。


山頂からの景色は、ずっと遠くまで見渡せました。
いつまでも眺めていたい景色でした。
07-三俣山05
ここでもGENさんが色んな山を教えてくれます。
あんなに遠くの根子岳が遠くくっきり見えるのが凄いなぁ。。

風は殆ど無く、青空と、雪と霧氷と、澄み切った空気
こんな最高の天気には滅多に出会えないらしい

贅沢な登山です。


再びすがもりへ降りて、北千里が浜を歩きます
霜柱を踏む音がザクザクと心地よい。
霜柱が高く石が盛り上がってるから、クッション代わりになって膝にも優しい?

08北千里ケ浜01


08北千里ケ浜02

こんなふざけた事を楽しくおしゃべりしながら歩ける、広~~~ぃ道で気持ちい~~♪


あれが猿岩だとGENさんが教えてくれます。
どれどれ。
             本当だぁ~~ゴリラが横向いてますね~~ (←猿岩だってば)
08北千里ケ浜03



法華院温泉に到着です。
ここもネットでよく見ますよ。
感動だぁ。。
来たんだよ、法華院温泉♪ ふふふふ♪嬉しいので何故かニヤケる(笑)

ここでお昼ご飯を取りながら皆さんで団欒

記念写真を撮り、

さぁ、いよいよ、誰かさんの夢であった
坊がつるを歩きます~~~~(笑)

09-坊がつる

Haruさんに「向こうにもありますよ」と教えてもらった、近づいて撮れるマンサク。。
よく撮れてるなぁ。。(自画自賛、笑)



坊がつる から雨ケ池へ
ここの冬枯れの景色もとても良かった

10-雨ケ池

そして。。

(13:30)
とうとう、ゴールの長者原に着いてしまいました。。
11-長者原

休憩も入れて約7時間の歩き。心地よい疲労と満足感一杯です。

不安がっていた姉もしっかり歩くことができて本当によかったです。

皆さんに感謝、お天気に感謝、山の神様に感謝、登れたことに感謝
色んな事に感謝して

ありがとう。。。なのでした。

普通はここで、「終わったねぇ。。寂しいなぁ。。」と思うけど・・・

今回は次なるお楽しみが待ってる(笑)
やっぱり早めに行動すると色んな事が楽しめます♪

既に心は可愛いお花たちへ思いを馳せます~~。。笑


ふぅ。。しばし一息、
ひとまずここで終わろう。。また長くなってしもうた。。


なにせ目一杯写真撮ったもんですからね小さい写真の羅列の更新となりました。
toshiyanさんの画像のページで大きな写真を沢山見れるからそちらへどうぞ。かなり感動します。。(笑)



テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

  1. 2009/03/18(水)
  2. コメント:10
  3.   .

青空と霧氷と雪の三俣山(その1)

20090315top.jpg

大曲登山口
   ↓
スガモリ越→三俣山→スガモリ越→北千里ヶ浜→法華院温泉山荘→坊がつる→雨ヶ池→長者原


「少年少女隊??」より九重の山とお花のお誘いを頂き姉と参加してきました

九重へ山歩きの目的で訪れたのは、今回が3度目
私達姉妹のあこがれの連山であって、そしてなかなか行けない山ばかり
久住分から北は初心者姉妹で踏み入るにはとっても勇気の要る場所でした。

姉妹でネットや雑誌で得た情報を出し合いながら山の話ばかり
三俣山や平治岳、大船山も登ってみたいねぇ
法華院温泉行ってみたいね~
北千里ケ浜や坊がつる歩いたら気持ちいいだろうねえ~

でも、、

無理だよね~ そういう会話を何度してきたことか
それが今回適うとあって、もぅ涙が出るくらいに嬉しい!



そんな嬉しい山歩きがいよいよやってきましたぁ

集合時間は登山口近くに午前・・・・6時(笑)

こりゃ大変です(笑)。前夜は姉の家に泊まることにします
姉の家を午前3時過ぎには出ることに・・・
私は「九重まで3時間も掛からん」と言うのに、
運転手の私にあれこれプレッシャーをかけてくる姉であります

私の運転と愛車を信じていない様子が気に入らない
まぁ、しょうがない。ここは妹 引き下がります。(笑)

前夜は、もちろん嬉しくって眠れませ~ん。
やっぱり子供の遠足前の気分。
目が覚めたら当日になっていて欲しもんです。
でも・・・
何度も何度も目覚めるのが腹立たしいぜ自分。
眠るのだ。ぐっすり。。。焦る、焦る。
それでも眠れない
(姉は私以上に興奮して眠れなかった模様、笑)


朝になると、

なんと!姉が手作りのお弁当を差し出します。
(え?!いつの間に作ったと?)

お弁当

「いつもありがとうね~嬉しいなぁ姉ちゃん」(うるうる)
こんなとこはとっても優しい姉に感謝でございます。
(このブログ覗くだろうからゴマすっておかないとです、笑)


前日の気象で、どうやら九重は積雪の様子。
大分道を降りたらGENさんの車に甘えることにします


  03:25 佐賀大和IC

  04:00 山田PよりGENさんへ電話、玖珠Pで合流することに


玖珠Pに着いて、ゆっくりコンビニでも見渡そうかとしている時に
数人でゾロゾロ入ってくる御一行様

(はやっ。相当飛ばしてきたとみた (

ちょ、ちょっとマテ。まだ心の準備が  ドキドキ。。。 ←何せ小心者なので・・笑


一番先に入ってこられたいーさん


きゃー お懐かしゅうございますぅぅ~

嬉しくって飛びつきたかったのですが人目があるので我慢です(笑)


今日のメンバーの方々のサイトはそれぞれのリンクからたまに訪問してて
ご一緒できるのをとっても楽しみにしていたのですが

何より楽しみにしていたのが、Hiroさんに会えることでした
タクさんのブログにお邪魔して以来、Hiroさんという存在を知って
なぁんか気になるお方だったのですよ。それが縁あって一緒に歩けることになり嬉しい嬉しい。

店内でお互い見合ったら もぅすぐにOK(笑)
姉ともすぐに意気投合です。
聞いていたとおりに、気さくで明るくて、可愛い方でしたね~♪
(これはゴマすりではありません、笑)


ここで自然に皆さんで自己紹介。
その中に、な、なんとっっ!!  ビックリです!

肉まんさんが紛れこんで(失礼)いるではないですかっ! 

えーーーっっ??何で?
事前に聞いたメンバーには入ってなかったぞ?何で、何で???
まぁ、この不思議はご自分のブログに書かれるでしょうから割愛です(笑)


九重IC降りたらGENさんの車に移動です。
いーさんを通じて知り合う前から、こっそり覗いていたHPの管理をされてるGENさん
プロフィールにもあるけど・・・
808(やまや)ににまさか乗せていただく日が来るとはねぇ
すごいぜインターネット。

それにしても808(やまや)ですよねぇ。。。
どうしても主婦的立場から・・・808(八百屋)に見えてしょうがありません(笑)


さてさて。。。無駄口はここまでにしておいて


大曲登山口
熊本のsanyuさんとまつやんさんも合流、全員集合です。

大曲登山口01

縦走の為、ゴールの長者原に車を回送してもらう間に、残った者はそれぞれに準備をして待機

女性陣は、toshiyanさん~sanyuさんに挟まれて先に出発です

大曲登山口03 大曲登山口02



目指すはあの山

そうです。これまで雲の上の世界だった・・

三俣山ですよーー 

大曲登山口04


今日は素晴らしい天気になるよ。こんな天気とは滅多に出会えない
去年の12月初めの九重を思わせるとsanyuさん。

本当にその通りとなりました。

春にしては珍しく、雲ひとつない澄み切った青空、風も殆どなく
そして雪と霧氷。
この先素晴らしい景色を堪能することになります。


あぁ。。しかし無念、本日の更新これにて体力&時間切れでございます


「その2」へ続く

。。。。前置き長いもんなぁ。


まぁ、よいのだ。自分の記録。気が済むまで書くのがポリシーでございます
↓の方々の記事をご覧下さい(得意技、笑)


今回一緒に歩いて頂いた「少年少女隊?」の皆さん
(50音順)
いーさんGENさんsanyuさんtoshiyanさん肉まんさん・Haruさん・Hiroさんまつやんさん

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

  1. 2009/03/15(日)
  2. コメント:9
  3.   .

31年ぶりの・・・聖岳~鬼の鼻山途中まで

20090308215225


2週間も山歩きが空くと・・・山が恋しい(笑)
婆ちゃんを美容院へ送り、終わる12時過ぎまでの間に駆け足で行ってきた。
登山目的で行くのは31年ぶり。昔を思い出し聖岳の登山口から歩く


この日歩いた道(赤線)
12聖岳案内図


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


国道34号線、大町町と江北町の境目から入って山道を車で登っていく途中に。。。

こんな景色が見える。

00_20090310144906.jpg

こんな里山の景色が大好きなのです


聖岳の登山口は、標識がでてくるので方向音痴の私でも迷わずに行けます。

登山口に着いたら、車が数台止められる駐車場があって
まずはそこに止めて~鳥居に向かって歩いたけど・・

01_20090310144913.jpg

なんか、、

先に見える道が自分的にはしっくりいかない。。。。。

Uターン。

もう一つ先から登ってみることにする
歩いて400mなのに車で移動。。

03登山口

でも、失敗。
そこには駐車場が無い・・・やむなく広い場所に路上駐車です。(いけませんなぁ。。)


02駐車とトイレ

手入れの行き届いた水洗トイレが嬉しい
(マメに管理されてるのか?それとも利用者が少ないだけなのか?・・余計な事を考えながらズボンを上げる)


(10:30)
さて、ここから登ろうと踏み入ったら・・・

03登山道



この道はあまり利用する人が居ないのか・・。
野鳥の声も聞こえて、とても静かなんだけどなかなか荒れてる。
本気で鎌や園芸バサミを持参したい・・
1箇所不法投棄が目に入る。これはちょとショック。
カメラ向けるのも嫌になったので撮るのは止め。


そこを抜けると~~~

クヌギ林が向かえてくれました~~

04クヌギ林

ぅわあぁぁぁ~~これは感激ですよ~~

06クヌギ林

いいなぁ~~~

05クヌギ林


大好きな場所になりそう


この林を一人静かに興奮しながら登りつめたら・・




(10:45)
山頂の展望台です

07-01展望台

ひゃほ~~~
気っ持ちいいです~~~


07有明海


多良山系のお山

07太良

おーぃ""精鋭(らしい)経ケ岳の人々へ意味もなく手を振ってみる(笑)


07武雄
曇っていたけど、遠くまでよく見える! 

ここで深呼吸してたら、山菜狩りの3人と会った
本日会ったのはこの方達だけ。静かな山歩きが嬉しい。

ここにある弁財天さまに、登らせてもらったことを感謝して、鬼ノ鼻山への縦走路へ

08縦走路00


08縦走路01




大楠の群生地、林の方へ入ってみる

09大楠01


09-02大楠

ここもいいなぁ~~

09-01大楠


09-00大楠

道にゴロゴロころがる石をまたいだりして歩くけど、時間が気になり戻る。
ここは次回の課題としよう。



再び縦走路へ

09縦走路03


09縦走路04



冬枯れとの景色がとてもいい感じ

10冬枯れの向こう


10遠景




鬼ノ鼻山が見えてきましたぁ。。

10鬼ノ鼻山


でも時計をみると・・・ゲゲ。。。11:30ばい。。こりゃ婆ちゃんの迎えが・・
それでもせっかくここまできたのに・・・

もう少し歩いてみる   けど・・
やっぱり時間が気になる。

しょうがない。また来ればいいか・・・いつでも来れる。これも次の課題にしよう。

それから一目散に駆け下りてお迎えです。

ちょっとだけ待たせてしもうた。。。
ごめんよ、婆ちゃん。。
買い物なんて嘘よ・・・(心で謝る)


31年ぶりにこの山を歩いてみて、
若い頃は一体何をみて登ったのかまったく記憶なし。
自然林もいっぱいあってこんなによい山だったのを初めて知った愚か者であります

これからちょこちょこ色んな道を歩いてみようと思いました。
時間に押されたけど、とっても収穫のあった山歩きでございましたぁ。^^






(植物たち)
11植物01

11植物02




(歩き/10:30~12:15)
  1. 2009/03/08(日)
  2. コメント:13
  3.   .

多良岳の教訓

20090303152022


今日届いた。
ネットで比較して一番安いのをゲット。
これで二度とバッテリー切れで泣くことはない。 ほほほ~






ふふ~ん。。
本体忘れて行けばよかったのに・・・行けなかった無念さを嫉妬に置き換える妹であった。

福寿草の無念さに並び、あのアーモンドフロランタンを久しぶりに口にしたい妹である。。
そぅ、この嫉妬の持ち主はお菓子作りは得意ではない。

料理?? ・・・食えればいいのです(笑)

強烈なキャラ? 
そうなのか・・・ふむふむ。。
穏やかなやさしいひと。(そうです、そうです!)

やっぱり、あのガッツポーズを後ろから指でチョンと突いてやると心に誓った昨日であった。

と。。。わけもわからんことを書いてみる本日。。。。笑


  1. 2009/03/03(火)
  2. たわごと
  3.   .
ホーム