幸せの山歩き


九重紅葉登山(姉弟編)



「弟もおったと?」とよく言われます。

いつも姉の話題しか出ませんが、はい、いたんですねぇ~(^^)

姉弟3人で何かをするのは、両親のイベントの時くらい
多忙な弟とは盆正月でもゆっくり話すこともなく過ぎます。

春から一緒に登ろうと誘うもなかなか弟の都合がつかず
やっと今回一緒に行けました。^^



子供の頃みたいに
大はしゃぎで3人で「星生山」の岩を登った時は楽しかったです~♪


それぞれが写真を撮るのが大好き
感動する風景になかなか足が進まない姉弟

義兄様は痺れをきらしてトットと先へ。。。(;^^)



久住分で昼食
みるみる霧がでてきました(久住山はすっぽり霧の中)
霧の久住


中岳へ向かう霧の中では
「日頃の行いの悪かとは誰かぃ。。」と擦り合い(笑)

中岳がどんな形の山なのかも分からず登りました


それでも、今回の登山はとても楽しかった。。
何よりも弟も一緒に行けたのが嬉しかったです。


弟の笑顔も嬉しかった。

昨夜弟からメールが届き「また誘って欲しい」。。。と。。


山に色んなものを貰うこの頃です。。
  1. 2008/10/18(土)
  2. コメント:0
  3.   .

九重の紅葉に感動



牧ノ戸登山口
星生山~久住分~中岳~御池~久住分~西千里ケ浜~沓掛山
牧ノ戸登山口

と、歩きました。

よくお邪魔しているいーさんのブログで九重情報をもらい
星生山の情報をお願いしたり、今年こそはと気合を入れた甲斐あってか?(笑)
素晴らしい紅葉を目にすることができました。

念願かなった九重
オータムカラーに染まった九重はとても素敵でした。
いつまでもこの場所にとどまっていたい程の感動でした。
















































  1. 2008/10/18(土)
  2. コメント:0
  3.   .

天山~八幡岳 最高の秋晴れ!



山のお花は殆どがそろそろ終わりの時期となりました。

ぅーん。。
どうしても見たいムラサキセンブリ
これに会わないと今年は年を越せそうに無い(大げさ)

自力で探して、人を頼らず、自分で見つけることに意義がある!!

リベンジだ!!

また山へ行こうっ!!

よしっ!

タクさんに・・・・・お花の場所を案内してもらおう~~~(笑)
              (まったく意志の弱いやつです。。)

それと。。。
夏に頂上へ車で出かけて以来、自分の足で登ってみたかった八幡岳
八幡岳の女単独は反対だと注意されていたので
今回図々しく同行をお願いしたのであります


その待ちに待った山歩きのお天気はもう最高~♪
雲ひとつない秋晴れとなりました(^^)

めちゃくちゃ空は高く青い!!
「紺碧のぉ空ぁ~♪」と思わず歌が出そうなお天気


頂上からの景色はいつ見ても素晴らしい
午後から登る八幡岳も見えます


秋の初めから楽しませてくれた殆どのお花が終わっていたけど
ちらほらと頑張ってるお花達もいました


今はリンドウがとてもきれいやったぁ~
この天然の花束にはやっぱり感激です


そして! 本日のメインイベント

ムラサキセンブリ


ぅわーーーー。(≧∇≦)

花束です!
タクさんありがとうぅ~~~(うるうる)

あまりにも綺麗で可愛くて、その場からなかなか離れられません


前回は蕾にしか会えなかった
ウメバチソウ♪


見たかったお花も見ることができ
大満足!


お昼にはコーヒーをご馳走になり、
山で飲む 入れたてのコーヒーは格別美味しかったです。



天山を後にし、八幡岳へ移動。

地図を用意して頂きルートを説明してもらいました。




登り始めは木々に遮られ昼間でも薄暗い、寂しい登山道ではあるけど
野鳥のさえずりがあちこちから聞こえ、凛とした空気がとてもいい感じ

天山とはまた違った感動をくれる山やった。



ジンジソウ


オオキツネノカミソリが群落する場所を通り抜け頂上へ。。


八幡岳の頂上ってここだったのねぇ。。
前回来たところは頂上ではなく展望台だったのか・・。

その展望台からの景色も最高です。
棚田百選 蕨野(わらびの)の棚田が見えます。


八幡岳の秋も深まりつつあります






帰り道の途中のコスモス畑


コスモスの向こうには午前中に登った天山です


今回の登山、姉とお母ちゃんの都合が付かなくて残念でしたが
たった一人の為に同行して下さったタクさんに感謝した一日でした
女単独で山歩きする注意点や落とし穴(自分の無謀さに冷や汗)
花の名前や、興味深い話や愉快な話やら大変勉強になりました。

充実した楽しい山歩きでした。
ありがとうございます。ぺこり。。


山ってどうしてこんなにいいのだろう
日頃バカみたいにつまらない事にストレス溜めてる自分がアホらしくなる
山に登ると明日への元気をいっぱいもらう。

そして、

「やっぱい、まずは地元の山ば知らんばいかん」と思った山歩きでした(^^)
  1. 2008/10/16(木)
  2. コメント:0
  3.   .

そこにあるから美しいのです

姉から、怒りのメール

母娘で昨日山に登ったらビックリしたらしい。。
咲いていたはずのお花が、あそこもここも無いっ!!

添付されてきた写真


こういった痕跡が
いつも利用する駐車場の石段~頂上~稜線まで続いていたらしい

まだ土が乾いていないような掘り起こした後もあったらしい。

趣味?それともお金?


その後電話で姉が
そういえば9月末に私たち姉妹が山を下山する時の話。
その時間15時50分
私が撮り損ねたお花をもう一度石段へ撮りに戻っている間
隣県ナンバーの中年の夫婦が姉に声をかけてきて、山の花の状況を聞いたらしい
こんな時間から登るのだろうかと不可解だったという。
たった今来たというふうでもなく、なかなかその二人は登る様子を見せない
かといって、駐車場を去っていくわけでもない。
山は日が落ちるのが早い、登るなら急ぐべき
それでも登る様子もない。。

もしかしたら、登山者が全員下りてくるのを待っていたのでは・・・と今になって思うと言った。


(記事にしていませんが・・)今年の夏県内の湿原へ一人で行ったとき
近くの滝の遊歩道ですれ違った中年夫婦の奥さん
根を付けたネジバナを手に何束もぶら下げて去る姿を見た。

ネジ花はどこにでも見る野草だし、掘った場所も見て無いし
何も言えなかった

家で育てるつもりだろうか

私もお花を育てるのが趣味である
けど、
家庭で育てる花達は園芸用に改良されているから美しく元気に育つ。

野生のものは野で育つから美しくたくましく可憐に咲くのだ
それがわからないのだろうか
どんなに美しい庭を作ってもそれが分からないなら失格だ。
愛好家同士で自慢しあうのだろうか
それとも友達にみせびらかすのだろうか?
ただの自己満足か?

考えただけでも腹たつ。。グーでぶん殴ってやりたい(やりませんが・・)

  1. 2008/10/13(月)
  2. 山野草とか
  3. コメント:0
  4.   .

金山へ行ってみる



13日、事務所へ行く予定でしたが、急遽お休みという連絡があり
行ってきました(^^)v
山中キャンプ場には他にも車が止めてあったので、
一人登山の第一条件はクリア。

わーぃ。


私にはどこもかしこも初めての山。ドキドキ。

体が登りに慣れるまでの10分位はやっぱりきついんだよねぇ。。

登り始めは、沢の音に癒されながら
足元には、レイジンソウやツリフネソウに、ミゾソバがいっぱい咲いてた。。


これらのお花は多良岳で撮ったし
ピンボケだらけのお花の取り直しは諦めて、見るだけにとどめておく。

人工林は目印がないと少し迷いそうな感じ。。
殺風景な人工林をテクテク。。
そのうちに自然林に入ってきましたよぉぉ~~



来てよかったぁ~~~

すごく気持ちい~~




途中何人かとすれ違い、

頂上


お天気素晴らしいし、見晴らし最高ですっ!!


広くない頂上には10人程の団体さん。
シャイなかずさん(え?)なんとなく長居できなくて
写真をパチリパチリと数枚撮って、背伸びを数回
深呼吸を数回して、もう一度景色を堪能して下ります

ネットで見た、ブナ林へ行ってみることにします。。


カサカサと落ち葉を踏みながら歩くブナ林は、


めちゃめちゃ興奮。感動やった。
(どこへ行っても初めてなもんで、いつも大感激なのです。笑)













私の回りには、
行こうと思ったらいける山がいっぱいあるんだよね。

これからもどんどんチャレンジです !(^^)!
  1. 2008/10/13(月)
  2. コメント:0
  3.   .
ホーム