FC2ブログ

幸せの山歩き


脊振山系/ムヨウランを探せ!

0-ムヨウラン3

ムヨウランのご案内を頂き、
もちろん、「参加します♪」ですっ!

連絡を頂いたのは、一ヶ月前。。。。
待ち合わせ場所に遅れないよう、早々と準備万端です。

しかし。。。。

集合場所など
次のお知らせメールを待てども待てども来ない。。。

??

まさかねぇ。。

風来坊さんに限って忘れるってことは無いだろうし

明日がその日という時。。。
もう一度案内メールを確認すると・・・・


( ̄O ̄;)

6月23日と書いてあるではないですか!!

私はてっきり5月26日と勘違いしておりました。(笑)

のどかにも、「行けないなら、早う返事ばせんといかんよ。」
早よぅ。早よぅ!と急かしていた私。。。

なるほど。。。そういう訳だったのでした。(笑)

何年経っても、変わらない自分がいます。。。😔


そして、
6/23(日)出かけてきました。
(相変わらず前置き長いブログであります、(笑))


総勢13人。

久しぶりの大所帯での歩き。
初対面の方も多く、緊張しまくりの挨拶。
基本、人見知りする私ですが(ホントです、(笑))

時間が経つとともに、

すっごい楽しかったですーーー(^▽^)♪


ムヨウランの咲く山

緑がとても綺麗でございました。

1-ミドリ01

シロモジのかわいい葉っぱも光り輝き。

2-ミドリ02

その他にも色々

3-ハナイカダ


キノコ🍄も、沢山立っていました。

4-きのこ


かわいいイチヤクソウの場所では
これがまた撮りにくい。何回やってもボケボケ。

皆さんそれぞれに激写です。

こんな光景も久しぶりに見れて、ほっこり(笑)

5-激写1

こちらでも。。

7B-激写2

こちらは。。

9A-激写3

「キマッテルぜhigeさん」ですが。。。
吹き出しを入れると。。

9-激写3

「ぷぷぷぷ。。」でございます。(笑)


私も頑張って撮りました。
TG-5、いい仕事するそうですが、、、
6-イチヤクソウ190623

8-イチヤクソウ190623B
まだまだです。💧

イチヤクソウの群生地は
葉っぱがあちらこちらにあり、広がっていくのでしょうねぇ。


そして、そして、本日メインイベントの
ムヨウラン~~~。

その場所に到着すれども。。。

無い💧

見当たら。。。。。ない。⤵︎

みんなで探します。

10-ムヨウラン

老眼鏡で地面にへばりついてみるけれど・・・
腐葉土に使えそうな枯れ葉の中には・・・

見つけきらんねぇ。。。

すると。。。

みんなから離れた場所から・・

10A-ムヨウラン
と、叫ぶポンちゃんの声。

素晴らしい花目の持ち主のぽんちゃんだそうです。

すごいですねぇ。。

初めてのムヨウラン。
私には細い枝か藁が土に刺さっているようにしか見えない(笑)
それが、マクロの世界で覗くとーーー。

ぅわぁぁぁあ💕💕

きれいな深い色。
ひっそりと咲いてたんだねぇ。。

11-ムヨウラン1

12-ムヨウラン2

大感激でした‼️
絶対に自分では探せない、お花です。


久しぶりの大勢の皆さんとの歩きもとても楽しかったです。
ご案内ありがとうございました❣️

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

風来坊さん、はなこさん、ぽんちゃん、
俊ちゃん、信ちゃん、
けいこたん、じゅんパパさん、
山沢周平さん、higestiasさん
隊長、Yさん、肉まんさん
  1. 2019/06/29(土)
  2. 山野草とか
  3.   .

可愛いいお花達と野イチゴ狩り

ウメガサソウ

情報では開花してるみたいだよ~
次の土曜日に行くばい

約束するも、のどか姉は孫守でドタキャン

前回歩いた周回ルートを再確認したいし
一人でのんびり歩いてくるか~

てことで、

かわいい、撮りにくい、お花の前で
人目を気にすることなく(笑)激写したいから
一番乗りする。
20190621-1.jpg

(この後ろ姿が可愛いくてたまらん😍


イチヤクソウ

うぅ~~ん。。。。もっと可愛いのがいっぱいあったけど、どれもボケボケだった、イチヤクソウ。。無念


うひょひょ。。。なんともキモ可愛い、モウセンゴケ
モセンゴケ


大好きな花も咲いてて感激
モウセンゴケのハナ


藪や低木をまたぎ探索。。ワクワクする
たのし~ぃ♪
マダニにヤられたばかりでも、やっぱりこの楽しさは止められない。


これから場所を変えようとしたときに
取り付き点を聞いてきた人と意気投合。
今日一日一緒に過ごすことになる。


花話題に盛り上がり~~

なんと!この女性”
明日一緒に歩く予定の

信ちゃんのお友達の”まさりん”だったぁぁ~~

最近信ちゃんとは嬉しい偶然が続くねー

もう何年も会っていない熊本の山友さんの話題も出て
皆さんお元気そうで嬉しかった。

この世界は狭い。悪いことはできません。(笑)


前回チェックしていた野いちごロードも今日の目的
まさりんも手伝ってくれて

いつもより多めのジャムが作れた。
fc2blog_20190626022619775.jpg


ヨーグルトに入れて。。

んまぁ~~ぃ

近くなら「まさりん」にお届けしたかった。

思いがけず楽しい歩きになったデス。。ありがとう(^^)


他にも色々可愛い花を沢山撮ったのだけど
新しくなった画像ソフトになかなか慣れず、時間掛かりすぎて割愛
おまけにフォントサイズの小さい事
お年頃にはたまらない小ささ。。。

・・・ハズキルーペが欲しい・・この頃・・・。
  1. 2019/06/26(水)
  2. 山野草とか
  3.   .

九千部岳/ヤマボウシはガスの中

気になりながら一度も行けていない九千部岳のヤマボウシ
今年は行けそう。

下調べをしていると、どっちからどう歩こうか
どれがいいかな。。。
ぅ~~~ん。。。

そうだ こんな時は。。

そよかぜさんに聞きましょう~(笑)

というわけで、おすすめのコースを教えて頂き
駐車場情報も教えて頂き♪

友達誘って行ってきた。

登山口から時計回りで周回
緑がとてもきれいだった。

20190616A.jpg

今日は山頂もいいお天気だといいな~

20190616B
はい。。ガスですねぇ~

何年経っても私は「〇〇女」の呪縛から逃れることはできないのか・・・

けっこう悲しかった。。
でもしかたないね、来年も来なさいってことかもしれない。
それでも少しは薄っすらと見ることができたのでヨシとする。

気持ちを取り直したところに。。

山頂を後にしようとするどこかで見たようなお顔。。とお姿 
なんか見たことある。たぶん知ってる人。。
・・・ミラさん?? 

ん?
その後ろには俊ちゃんの後ろ姿???
(そんなに何度も山をご一緒したわけではないのに、何故か記憶が。。。(笑))

むむむ。。

ということは。。。

わわわわわわわ~~

「信ちゃん~~~~~!!!」

数年ぶりの再開でございました。

まさかのまさかでとても嬉しかったぁ~


お花も色々あり

20190616C.jpg



20190616D.jpg

下山は途中から一緒に♪

友らには、けっこうハードな山だったらしい
でも岩もありスリリングな歩きもあり、面白かった。

20190616E.jpg


温泉に入り、小浜ちゃんぽん食べ
ジャカランダを見て帰路。

信ちゃんに譲ってもらったキクラゲ
20190616F.jpg

さっと茹でて、、ぷりぷりのシャキシャキで美味しい~~♪

しかし
翌日息子に残りを食べられてしまう・・・
キクラゲ大好き息子は大感動
当然だ。天然だぞ。生キクラゲだぞ。

一緒に食べようと思ったのだぞ。。

なのに、なのに。。。
私は昨日ちょこっと口にしただけ・・・

どーゆーこと???


ぷち親子喧嘩となる。(笑)






  1. 2019/06/21(金)
  2.   .

イチヤクソウ

のどかの大好きなイチヤクソウを見に行ったのが先週。

花が咲くと遠くからでも目に入る柔らかい白色。
コロンとした花がとても可愛い💕

蕾が硬いものから既に咲いているものまで広範囲に〜
長い期間楽しめそうでワクワクするねー♪

ウメガサソウ

梅さんもまんまるな蕾が愛らしぃ❤️
咲くのは下旬かな。。😌


その他色々な花も見れて楽しかった

クモキリソウ


また行こーねー。(^^)/

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/15(土)
  2. ちょこっと山
  3.   .

マダニに噛まれる(涙)

一週間前だったか二週間前だったか
右膝の裏側がなんとなくチリチリする感じ
手で触るとジカジカ、
ピラピラするものも指に感じる。数ミリの感触。。

皮がむけたのかな?

うっすら血がにじんでる
テッシュには付いてこない

老眼ひどいので(笑)あまりよく見えない
膝の裏なんて見にくいし

明日まで様子をみようと思った。。。

でも
そのまま
痛くも痒くもなく腫れもない

すっかり忘れてた。。。(笑)

そして、数日前
ズボンを履き替えようとしたときに
膝裏にぶら下がる茶色の物体??

ゲゲ~かなり大きいイボになってたー
忘れてたー気持ち悪い~~
プラプラしてる。
すぐに取れそうだったので
テッシュでつまんで、

深呼吸して

1、2の    さんっ!!

思いっきり引っ張った。。

ブチッッ!!

まさにそんなふうに感じた
傷跡は2㎜くらいの赤い斑点のみ。


うひゃ~このイボ でっかい。(気持ち悪い

このまま捨てようと思ったが、

マジマジみてみると・・・



・・・・・・・

イボの先に小さな糸みたいなのが動きよる~~~




ハッ!!


1~2週間前の平戸の山の藪漕ぎ 

マ・・・・マダニ??

マダニだ!!!


マダニだぁぁぁぁぁ~~~~

心臓バクバク
オロオロ

と、とにかく皮膚科だ!

生きてるマダニをナイロン袋に入れて
動画も撮って受診

職場近くの皮膚科A
でもそこの女医さん

ダニは赤く腫れあがるわ
ただの虫ね。


ですと!

山、藪漕ぎ、状況話して
袋の中の動いている虫を見てもデスカ?
動画を見てもデスカ?

ただの虫とおっしゃるのデスネ?

イソジン塗ってもらって
痒くもないのに、かゆみ止めの軟膏を出されて帰ってきた。



そのまま仕事に戻ったが・・・
気になる。

”マダニですね。でも心配いりません。”なら納得したはず。
マダニじゃないわ、ただの虫ね。”。。と言われて

気になるぅぅぅぅ


どうしても腑に落ちず
この忙しい中、午後から別の皮膚科Bへ・・・
虫は前述の病院に置いてきてしまった。
動画を見せようと開いた

マダニ

一瞬見ただけで

タカサゴキララマダニですね。と先生

パソコンにそのタカサゴなんとやらの画像を色々出して
詳しく説明してくれる。

今、メディアで色々言っているので不安だったと思ますが
あれはごく少数です。
マダニは普通に山や野や田畑にいます。
噛まれてそのまま知らずに何の問題もなく過ごす人は多い
だから神経質にならなくていいと思います


皮膚から引き抜いた時に頭も足も付いていて生きているので
身体に残ってはいないと思います


「二つ提案があります。
 ①それでも心配なので、傷口を切ってウィルス検査を希望する
 ②抗生剤を飲み続け、その間発熱などあった時に検査する
 どちらを選びますか?」


先生。。。。頼もしい。


今のところ元気だし、熱もないし
②でお願いして、抗生剤をもらってきた。


そんなこんなで、現在問題なく元気。


女医さん。。。
支払った医療費と薬代2500円
返してください・・・・・。



この季節、山に入る時は
しっかり虫対策をしようと改めて感じた。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/10(月)
  2. たわごと
  3.   .

屏風岳、佐志岳

最近山を始めた友2人は



チョイ山➕グルメの計画をするのが上手い。
5月下旬
アジフライ定食を平戸辺りまで食べに行くらしい

山は屏風岳

下調べもせずに登ろうとする2人に
下調べもせずに飛び入り参加の私。。(笑)

その山は
人が歩いた形跡はあまり無く

山頂は木々に覆われ、展望ゼロ、
怪しげな廃屋。。



戦時中のもの??
なんとなく、長居はしたくない雰囲気だった

シダの藪漕ぎもあり


(次来ることはないなぁ。。)



お花も寂しい

とっとと下りて アジフライへゴー。。。です❣️


ところが(笑)
14時も回り、どの店もソールドアウト
仕方なく道の駅で売っている保冷されたアジフライを食べる。。
冷たい・・・。

これに納得いかなかったグルメ友約1名
その1週間後

アジフライリベンジですと(笑)



山は佐志岳

ここは秋に来たい山だけどなぁ。。

しのごの言わず、 参加させてもらう(笑)



良いお山でしたー。
イトラッキョウとダンギク見たいねー

海がいいー。
また来たい山。

そして待望のアジフライ
第一希望の魚市場は店休日⤵︎
仕方なく別の店に



国見へ回り

楽しかったー
美味しかったー
また来たいー。。

しかし・・・・


このどちらかの山で。。。。

人生初の災難に見舞われる私なのでありました

ナント私は。。。


・・・・・マダニ の

餌食になってしまったのですぅぅ。。。

しかも数週間も気づかなかった。。。

ひぃぃぃぃぃ


別記事へつづく。
  1. 2019/06/07(金)
  2. ちょこっと山
  3.   .

薔薇/ピエール ドゥ ロンサール2019

ピエール8

去年は、忙しさの余り殆どお世話ができず、
一番花が咲いたこの後、
薔薇の虫

。。。ほぼ全滅状態

こんな事初めてでショックだった。

山友さんを介して、薔薇農家さんに聞くと・・・
犯人はカナブンの類かもしれんとか。。

それからは、せっせと虫対策

頑張った甲斐あって
今年は、葉っぱも光沢があって綺麗~
ピエールの葉

これまでこの、ピエールドゥロンサール 誘引は、
脚立に乗って大きく作っていたけれど・・・

・・・お年頃だし。。。。ね(笑)

つま先立って届く程度にとどめ、ツルの数も減らし、
コンパクトに仕立てる。

花数は少ないけど、
昨年のリベンジができた

ピエール1

ピエール6

ピエール7

ピエール3

ピエール5

このやわらかい花姿が大好き。

ピエール4


今年も咲いてくれてありがとう。
  1. 2019/05/28(火)
  2. 園芸
  3.   .
ホーム
次のページ